2019年初めのハワイ日和です。今年もよろしくお願いします。さて、今年は亥年です。ハワイにはイノシシ、と言うか野生の豚がいます。この豚たちは、古代ハワイアンが連れてきた豚の子孫だそうです。そして、豚を丸ごと蒸し焼きする料理は、ハワイのルアウ(ハワイ語でパーティの意味)ではかかせません。と、いうことで、今回のハワイ日和は、ハワイのパーティやイベントに参加しよう!という話です。年の初めからちょっとこじつけなテーマですが、今年もゆるゆる、おつきあいください。

セレブレーション・オブ・ジ・アーツのワークショップのテント
セレブレーション・オブ・ジ・アーツのワークショップのテント

イベントに参加するのは、ハワイ旅行の楽しみの一つです。ハワイ観光局のイベントカレンダーで見つけたのは、マウイ島のカパルアで開催されているセレブレーション・オブ・ジ・アーツ。ハワイの文化を体験するこのイベントでは、フラやハワイアン・ミュージックのステージのほか、ハワイの伝統的な楽器、道具、衣装、装飾品などを制作するデモンストレーションや体験プログラムもあります。私がセレブレーション・オブ・ジ・アーツで参加したのは、シェル・レイ作りです。ニイハウ島から来たシェル・レイ作りのアーティストたちから、シェル・レイの作り方を教えてもらう、という貴重な体験ができます。もちろん、材料はニイハウ・シェル!

すばらしいニイハウ・シェルのネックレス
すばらしいニイハウ・シェルのネックレス

ワークショップでは、屋外のテントで、他の参加者といっしょに、シェルのブレスレットを作ります。小さな貝には、既に小さな小さな穴が開けてあるので、糸を通すだけですが、これがなかなか大変。悪戦苦闘している私に、若いニイハウアンの女性が優しく教えてくださいました。オアフの大学に在籍している彼女は、お母さんの手伝いで弟さんと来ているそう。彼女が家族に話しかける時は、英語ではなくハワイ語でした。ニイハウ・シェルは、様々な種類があり、粟粒ほどの小さな貝もあります。その貝を浜辺で一つずつ拾い、小さな穴をあけて、糸を通す。気の遠くなるような、細かい作業です。たくさん手伝ってもらいながら、ちょっとだけ体験した私でも、これは大変、とつくづく思います。美しいニイハウアンのお嬢さんのおかげで、どうにかブレスレットを完成することができました。我ながら、とてもステキ。

すばらしいニイハウ・シェルのネックレス
すばらしいニイハウ・シェルのネックレス

ハワイのローカル紙やコミュニティ、公共機関やお店などのウェブ・サイトをなんとなく見ていると、思いもかけないイベントを見つけることがあります。マウイ島の高校で行われた、フラのイベントは、そんなネット・サーフィンで見つけたイベントです。このイベントは、地元の学校への寄付金を集めるために行われたもので、入場料はリーズナブル。しかも、マウイ島の有名なフラ・ハラウ(フラのグループ)がいくつも登場するという、驚くような内容!うーむ、ホントにこんなイベントがあるのかな?

マウイ島のフラ・イベントは、高校の講堂で開催されました
マウイ島のフラ・イベントは、高校の講堂で開催されました

ホントにありました。イベントに集まった観客はほぼ地元の人たちで、出演者のご家族も多いよう。ところで、ハワイではホテルやショッピング・センターなどで、フラを見る機会も多いのですが、ほとんどはアウアナ(現代フラ)です。でも、このイベントでは、カヒコ(古代フラ)も多く披露されました。アウアナのハワイアン・ソングや、カヒコのチャントは、ハラウのクム(先生)が歌う、贅沢な舞台です。かわいい子供たちのフラや、優雅なアウアナ、迫力のカヒコ。アンコールでクムが踊ると、会場は大盛り上がりになりました。こんなに贅沢なイベントをよく見つけた、エライ、私!ネット・サーフィンも、なかなか有益ですね。

フラで盛り上がる、カウアイ島のイベント
フラで盛り上がる、カウアイ島のイベント

買い物をしたお店で、教えてもらったイベントもあります。カウアイ島で教えて頂いたのは、教会の寄付金集めのためのイベントです。マウイ島のイベント同様、カウアイ島の有名フラ・ハラウやミュージシャンがたくさん登場します。こちらのイベントはルアウ形式で、お昼ご飯付きでした。オープン・エアの会場で行われたイベントは、ハワイアン・パーティらしいイージーな感じ。こちらも観客はほぼ地元の人たちですが、会場のすぐそばを通った観光バスに、司会者が「パーティをしているから、参加してー!」と呼びかけたり、ウェルカムな雰囲気です。

カウアイ島イベントで漁網を編むデモンストレーション
カウアイ島イベントで漁網を編むデモンストレーション

このイベントの司会者は、カウアイ島在住の有名なミュージシャン。ノリの良いフラ・ソングが演奏されると、司会者自ら踊りだします。あちこちから、どんどん踊り手が立ち上がって、会場全体が舞台のよう。観光客向けのイベントも楽しいのですが、地元のイベントは特別な経験ができるような気がします。もちろん、カウアイ島のフラ・ハラウの素晴らしいフラもたっぷり堪能できました。なんて楽しいイベントでしょう、教えて下さって、ありがとう!

大きなイベントに合わせて、ハワイへ行くのも楽しいですが、休みが合わなかったり、飛行機やホテルが取れなかったり、といろいろ難しいことも。ハワイに行く日程が決まったら、その期間で何がイベントがないか探すのもいいものです。思いもかけない、楽しいイベントを見つけることができるかもしれません。

イベントに行こうhttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2019/01/hawaiibiyori244.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2019/01/hawaiibiyori244-150x150.jpgNOPUハワイ日和イベント,カパルア,セレブレーションオブジアーツ,ハワイ,パーティー,マウイ2019年初めのハワイ日和です。今年もよろしくお願いします。さて、今年は亥年です。ハワイにはイノシシ、と言うか野生の豚がいます。この豚たちは、古代ハワイアンが連れてきた豚の子孫だそうです。そして、豚を丸ごと蒸し焼きする料理は、ハワイのルアウ(ハワイ語でパーティの意味)ではかかせません。と、いうことで、今回のハワイ日和は、ハワイのパーティやイベントに参加しよう!という話です。年の初めからちょっとこじつけなテーマですが、今年もゆるゆる、おつきあいください。 イベントに参加するのは、ハワイ旅行の楽しみの一つです。ハワイ観光局のイベントカレンダーで見つけたのは、マウイ島のカパルアで開催されているセレブレーション・オブ・ジ・アーツ。ハワイの文化を体験するこのイベントでは、フラやハワイアン・ミュージックのステージのほか、ハワイの伝統的な楽器、道具、衣装、装飾品などを制作するデモンストレーションや体験プログラムもあります。私がセレブレーション・オブ・ジ・アーツで参加したのは、シェル・レイ作りです。ニイハウ島から来たシェル・レイ作りのアーティストたちから、シェル・レイの作り方を教えてもらう、という貴重な体験ができます。もちろん、材料はニイハウ・シェル! ワークショップでは、屋外のテントで、他の参加者といっしょに、シェルのブレスレットを作ります。小さな貝には、既に小さな小さな穴が開けてあるので、糸を通すだけですが、これがなかなか大変。悪戦苦闘している私に、若いニイハウアンの女性が優しく教えてくださいました。オアフの大学に在籍している彼女は、お母さんの手伝いで弟さんと来ているそう。彼女が家族に話しかける時は、英語ではなくハワイ語でした。ニイハウ・シェルは、様々な種類があり、粟粒ほどの小さな貝もあります。その貝を浜辺で一つずつ拾い、小さな穴をあけて、糸を通す。気の遠くなるような、細かい作業です。たくさん手伝ってもらいながら、ちょっとだけ体験した私でも、これは大変、とつくづく思います。美しいニイハウアンのお嬢さんのおかげで、どうにかブレスレットを完成することができました。我ながら、とてもステキ。 ハワイのローカル紙やコミュニティ、公共機関やお店などのウェブ・サイトをなんとなく見ていると、思いもかけないイベントを見つけることがあります。マウイ島の高校で行われた、フラのイベントは、そんなネット・サーフィンで見つけたイベントです。このイベントは、地元の学校への寄付金を集めるために行われたもので、入場料はリーズナブル。しかも、マウイ島の有名なフラ・ハラウ(フラのグループ)がいくつも登場するという、驚くような内容!うーむ、ホントにこんなイベントがあるのかな? ホントにありました。イベントに集まった観客はほぼ地元の人たちで、出演者のご家族も多いよう。ところで、ハワイではホテルやショッピング・センターなどで、フラを見る機会も多いのですが、ほとんどはアウアナ(現代フラ)です。でも、このイベントでは、カヒコ(古代フラ)も多く披露されました。アウアナのハワイアン・ソングや、カヒコのチャントは、ハラウのクム(先生)が歌う、贅沢な舞台です。かわいい子供たちのフラや、優雅なアウアナ、迫力のカヒコ。アンコールでクムが踊ると、会場は大盛り上がりになりました。こんなに贅沢なイベントをよく見つけた、エライ、私!ネット・サーフィンも、なかなか有益ですね。 買い物をしたお店で、教えてもらったイベントもあります。カウアイ島で教えて頂いたのは、教会の寄付金集めのためのイベントです。マウイ島のイベント同様、カウアイ島の有名フラ・ハラウやミュージシャンがたくさん登場します。こちらのイベントはルアウ形式で、お昼ご飯付きでした。オープン・エアの会場で行われたイベントは、ハワイアン・パーティらしいイージーな感じ。こちらも観客はほぼ地元の人たちですが、会場のすぐそばを通った観光バスに、司会者が「パーティをしているから、参加してー!」と呼びかけたり、ウェルカムな雰囲気です。 このイベントの司会者は、カウアイ島在住の有名なミュージシャン。ノリの良いフラ・ソングが演奏されると、司会者自ら踊りだします。あちこちから、どんどん踊り手が立ち上がって、会場全体が舞台のよう。観光客向けのイベントも楽しいのですが、地元のイベントは特別な経験ができるような気がします。もちろん、カウアイ島のフラ・ハラウの素晴らしいフラもたっぷり堪能できました。なんて楽しいイベントでしょう、教えて下さって、ありがとう! 大きなイベントに合わせて、ハワイへ行くのも楽しいですが、休みが合わなかったり、飛行機やホテルが取れなかったり、といろいろ難しいことも。ハワイに行く日程が決まったら、その期間で何がイベントがないか探すのもいいものです。思いもかけない、楽しいイベントを見つけることができるかもしれません。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る