今年の夏は、猛暑との予報もありますが、毎日暑くて辟易しています。こんなときは海に行きたい、できればハワイの海に、ということで今回はマウイ島の西マウイ地区にあるビーチをご紹介します。

KAHEKILI BEACH

広く美しいカヘキリ・ビーチ
広く美しいカヘキリ・ビーチ

海岸線沿いにホテルやコンドミニアムが並ぶ西マウイ。ビーチもたくさんあって、どこのビーチに行こうか迷ってしまいます。大きなホテルのすぐ近くにある観光客に人気のビーチや、地元の人が休日に集まるローカル・ビーチ、森を越えて行くヒミツのビーチなどなど。カアナパリの北にあるカヘキリ・ビーチは、きれいな砂浜がどこまでも延びている、リゾート地らしいビーチです。カヘキリ・ビーチの素晴らしい点の一つは、施設がとても整備されていることでしょう。広い駐車場や、更衣室付きのきれいなトイレ、ピクニックテーブルも、バーベキューグリルももちろん完備、ホテルのプールにあるようなシャワーもあるし、ビーチの前には芝生も広がっています。

カヘキリ・ビーチ沿いの遊歩道をお散歩
カヘキリ・ビーチ沿いの遊歩道をお散歩

カヘキリ・ビーチは混んでいないのもいいですね。たぶんビーチが広いので、たくさん人が来ても、手の届くところに隣りのヒトのゴザ、みたいなことにはならないからでしょう。そのせいか、カヘキリ・ビーチを訪れる人の多くは、のんびりビーチで寝転がることが目的のようです。シュノーケルをちょっとして、あとはビーチでごろごろ、というのがカヘキリ・ビーチの良い過ごし方かも。朝夕にカヘキリ・ビーチに沿った遊歩道を、散歩やジョギングをするのもオススメ。朝の爽やかな空気の中のウォーキングも、夕陽に染まる海を眺めながらのお散歩も楽しいです。そうそうプレートランチを買って、カヘキリ・ビーチで食べるのもいいですよ。

KAPALUA BEACH

シュノーケルにもオススメのカパルア・ビーチ
シュノーケルにもオススメのカパルア・ビーチ

西マウイの一番北端にあるカパルア地区は、クック・アイランド・パインが続く並木道や、名門ゴルフコースがあるちょっと大人の雰囲気です。他の地域と比べても、静かで落ち着いた印象を受けます。そのカパルア地区にあるカパルア・ビーチは、とても人気のビーチです。併設の駐車場は、朝早くから満車になってしまいます。でも、お昼ごはんを食べにビーチを出る人も多いので、その頃を狙って来てみると、駐車場に空きスペースを見つけられることも。人気のビーチに行くのは、なかなか大変です。小さな湾に面したカパルア・ビーチは、隠れた穴場的な感じがします(実際は有名なビーチですが)。それほど大きなビーチではありませんが、駐車場が満車になると、それ以上人が来ないため、窮屈な感じはあまりしません。駐車場スペースが少なめなのは、ビーチのキャパシティを考えてのことかもしれませんね。

モロカイ島に沈む夕陽。カパルア・ビーチは夕陽を眺めるのにもオススメです
モロカイ島に沈む夕陽。カパルア・ビーチは夕陽を眺めるのにもオススメです

さて、カパルア・ビーチは、湾なので波も穏やか、浅い場所でもたくさんの魚がいるので、シュノーケルに最適です。私はカパルア・ビーチでシュノーケルをしている時に、何度かウミガメを見かけました。足が着くくらいの深さの場所でも、ウミガメは海中の岩に付いた海藻などを黙々と食べていました。お食事中の邪魔にならないよう、ほどよい距離でウミガメを見ていましたが、急にウミガメが近くに泳いで来て、びっくり。海の中で見るウミガメは、とても大きく、とても優雅に泳いでいました。シュノーケルだけではなく、白砂のビーチは、小さなお子さんと砂遊びをするのにもいいし、波打ち際で遊ぶのにもいい感じです。もちろん、ただただビーチでのんびりするのもいいのですが、日陰があまりないことと、近くに商店がないので、ちょっとジュースを買いに、というわけにはいかないことが難点かもしれません。飲み物やスナックなどの用意を万全にして、カパルア・ビーチへ行かれることをオススメします。

HONOLUA BAY

展望台から見るホノルア湾
展望台から見るホノルア湾

カパルア地区から北へ進むと、大きな建物をほとんど見かけなくなります。道の幅も少し狭くなり、クネクネしている感じです。サーフィンのポイントとしても有名なホノルア湾は、カパルア地区から北へ、車で5分ほどの場所にあります。まずは展望台からホノルア湾を覗きましょう。ホノルア湾は、冬には大きな波が立つことで有名ですが、夏は鏡のように凪いでいます。眼下に見えるのは、濃い青とエメラルドグリーンのグラデーションが美しい静かな湾です。よくハイダウェイという言葉が、小さなビーチに使われますが、まさに隠れ家のようなビーチ、という感じがします。ホノルア湾へ降りるトレイルは、展望台から更に少し先。道路沿いに車を停めるスペースがいくつかあるので、まずは駐車場所を探しましょう。私は展望台から600mほど先の海側のスペースに車を停めることが多いのですが、駐車スペースがいっぱいになってしまうこともあるようです。

ホノルア湾へ向かうトレイル
ホノルア湾へ向かうトレイル

ホノルア湾へ向かう小道は、ハワイの森を楽しむのにもいい場所です。大木に絡まるように伸びるモンステラや、カーテンのように垂れ下がるバニヤン樹の気根、道端の小さな木はよく見るとパパイヤかな、誰かが捨てた種から自生したのかもしれません。木陰の小道は整備されていて歩きやすく、ほんの数分でホノルア湾に出ます。ホノルア湾は砂のビーチではなく、小石がゴロゴロしている海岸です。波打ち際近くまで、木々が生い茂っているので、木陰の量は申し分ないのですが、小石の上は座り心地がイマイチなのが難点です。また、展望台からは宝石のように見えた海も、海岸沿いは濁っていて透明度があまりよくありません。でも少し沖まで行くと、透明度も高く、たくさんの魚を見ることができました。ホノルア湾は、ライフ・ガードはいないので、シュノーケルをするときは、特に注意してください。

ホノルア湾の小石の海岸。ちょっと座りにくいです
ホノルア湾の小石の海岸。ちょっと座りにくいです

西マウイには、まだまだ素敵なビーチがあります。お気に入りのビーチを、ぜひ探しに行ってみてください。

ビーチへ行こう!<マウイ島>http://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2018/07/hawaiibiyori.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2018/07/hawaiibiyori-150x150.jpgNOPUハワイ日和カパルアビーチ,カヘキリビーチ,ビーチ,ホノルア湾,マウイ島,西マウイ今年の夏は、猛暑との予報もありますが、毎日暑くて辟易しています。こんなときは海に行きたい、できればハワイの海に、ということで今回はマウイ島の西マウイ地区にあるビーチをご紹介します。 KAHEKILI BEACH 海岸線沿いにホテルやコンドミニアムが並ぶ西マウイ。ビーチもたくさんあって、どこのビーチに行こうか迷ってしまいます。大きなホテルのすぐ近くにある観光客に人気のビーチや、地元の人が休日に集まるローカル・ビーチ、森を越えて行くヒミツのビーチなどなど。カアナパリの北にあるカヘキリ・ビーチは、きれいな砂浜がどこまでも延びている、リゾート地らしいビーチです。カヘキリ・ビーチの素晴らしい点の一つは、施設がとても整備されていることでしょう。広い駐車場や、更衣室付きのきれいなトイレ、ピクニックテーブルも、バーベキューグリルももちろん完備、ホテルのプールにあるようなシャワーもあるし、ビーチの前には芝生も広がっています。 カヘキリ・ビーチは混んでいないのもいいですね。たぶんビーチが広いので、たくさん人が来ても、手の届くところに隣りのヒトのゴザ、みたいなことにはならないからでしょう。そのせいか、カヘキリ・ビーチを訪れる人の多くは、のんびりビーチで寝転がることが目的のようです。シュノーケルをちょっとして、あとはビーチでごろごろ、というのがカヘキリ・ビーチの良い過ごし方かも。朝夕にカヘキリ・ビーチに沿った遊歩道を、散歩やジョギングをするのもオススメ。朝の爽やかな空気の中のウォーキングも、夕陽に染まる海を眺めながらのお散歩も楽しいです。そうそうプレートランチを買って、カヘキリ・ビーチで食べるのもいいですよ。 KAPALUA BEACH 西マウイの一番北端にあるカパルア地区は、クック・アイランド・パインが続く並木道や、名門ゴルフコースがあるちょっと大人の雰囲気です。他の地域と比べても、静かで落ち着いた印象を受けます。そのカパルア地区にあるカパルア・ビーチは、とても人気のビーチです。併設の駐車場は、朝早くから満車になってしまいます。でも、お昼ごはんを食べにビーチを出る人も多いので、その頃を狙って来てみると、駐車場に空きスペースを見つけられることも。人気のビーチに行くのは、なかなか大変です。小さな湾に面したカパルア・ビーチは、隠れた穴場的な感じがします(実際は有名なビーチですが)。それほど大きなビーチではありませんが、駐車場が満車になると、それ以上人が来ないため、窮屈な感じはあまりしません。駐車場スペースが少なめなのは、ビーチのキャパシティを考えてのことかもしれませんね。 さて、カパルア・ビーチは、湾なので波も穏やか、浅い場所でもたくさんの魚がいるので、シュノーケルに最適です。私はカパルア・ビーチでシュノーケルをしている時に、何度かウミガメを見かけました。足が着くくらいの深さの場所でも、ウミガメは海中の岩に付いた海藻などを黙々と食べていました。お食事中の邪魔にならないよう、ほどよい距離でウミガメを見ていましたが、急にウミガメが近くに泳いで来て、びっくり。海の中で見るウミガメは、とても大きく、とても優雅に泳いでいました。シュノーケルだけではなく、白砂のビーチは、小さなお子さんと砂遊びをするのにもいいし、波打ち際で遊ぶのにもいい感じです。もちろん、ただただビーチでのんびりするのもいいのですが、日陰があまりないことと、近くに商店がないので、ちょっとジュースを買いに、というわけにはいかないことが難点かもしれません。飲み物やスナックなどの用意を万全にして、カパルア・ビーチへ行かれることをオススメします。 HONOLUA BAY カパルア地区から北へ進むと、大きな建物をほとんど見かけなくなります。道の幅も少し狭くなり、クネクネしている感じです。サーフィンのポイントとしても有名なホノルア湾は、カパルア地区から北へ、車で5分ほどの場所にあります。まずは展望台からホノルア湾を覗きましょう。ホノルア湾は、冬には大きな波が立つことで有名ですが、夏は鏡のように凪いでいます。眼下に見えるのは、濃い青とエメラルドグリーンのグラデーションが美しい静かな湾です。よくハイダウェイという言葉が、小さなビーチに使われますが、まさに隠れ家のようなビーチ、という感じがします。ホノルア湾へ降りるトレイルは、展望台から更に少し先。道路沿いに車を停めるスペースがいくつかあるので、まずは駐車場所を探しましょう。私は展望台から600mほど先の海側のスペースに車を停めることが多いのですが、駐車スペースがいっぱいになってしまうこともあるようです。 ホノルア湾へ向かう小道は、ハワイの森を楽しむのにもいい場所です。大木に絡まるように伸びるモンステラや、カーテンのように垂れ下がるバニヤン樹の気根、道端の小さな木はよく見るとパパイヤかな、誰かが捨てた種から自生したのかもしれません。木陰の小道は整備されていて歩きやすく、ほんの数分でホノルア湾に出ます。ホノルア湾は砂のビーチではなく、小石がゴロゴロしている海岸です。波打ち際近くまで、木々が生い茂っているので、木陰の量は申し分ないのですが、小石の上は座り心地がイマイチなのが難点です。また、展望台からは宝石のように見えた海も、海岸沿いは濁っていて透明度があまりよくありません。でも少し沖まで行くと、透明度も高く、たくさんの魚を見ることができました。ホノルア湾は、ライフ・ガードはいないので、シュノーケルをするときは、特に注意してください。 西マウイには、まだまだ素敵なビーチがあります。お気に入りのビーチを、ぜひ探しに行ってみてください。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る