ヒロにあるトロピカル植物の種類が多い植物園を紹介します。

ハワイ島北東部にあるオノメア湾を背景にした、広さが約5万坪のトロピカル・ガーデンには2000種類以上の植物がありますが、そのうちわけは125科、750種類の熱帯植物を見ることができます。ガーデン内のトレイルの長さは約1.25マイル(約2キロ)で、約2時間で園内を回ることができます。ガーデン内にはオノメアの小川が流れ、いくつかの滝も目の辺りにできます。オーシャンビューを楽しめるスポットもあり、大自然の中をウォーキングする感じですね。雨が多い時もありますが、入り口では貸し出し用の傘もあり、しっとりとした雰囲気でガーデン内を楽しめます。

もともとは、個人の私有地でしたが、今は非営利団体が運営する植物園になっています。チケットは売店で購入。そこから道をはさんだエントランスから入園です。ガイドは付きませんので、地図を片手に園内を歩きます。
まずは木の板で出来た歩道をどんどん下っていきます。雨が多い場所なので、スニーカーでないと危険ですね。右や左にはジンジャーの群生やシダの群生などを見ることができ、ハワイアンキルトをやっている人には、キルトデザインがあちらこちらにと貴重な風景です。

ガーデンのエントランス
ガーデンのエントランス
数種類のシダもこんな綺麗に写真に撮れます
数種類のシダもこんな風に綺麗に写真に撮れます

木の板の歩道が終わると平らなコンクリートの歩道に変わります。その辺りから椰子の木のジャングル、ヘリコニアの群生などがあり、オノメアの滝を見ることができます。植物の前には植物名の入った看板もあり、とてもわかり易いですが、スケールの大きさに、植物園ということを忘れてしまいそうになります。ヘリコニアの種類も多いですが、育ちすぎたような巨大な物もたくさんあります。外来種が多いのですが、赤い看板は、ハワイ固有種の植物なので、是非見つけてみましょう。

ジンジャーの群生には、カヒリジンジャー、イエロージンジャー、トーチジンジャー、ビーハイブジンジャー、レッドジンジャー、ピンクジンジャー、インディアンヘッド、シェルジンジャー、ホワイトジンジャーなどがあります。ジンジャーは外来種なので、昔からハワイに生育していた植物ではないですが、ハワイアンキルトのデザインとしてはポピュラーです。
名前はブルージンジャーですが、ショウガ科ではなくツユクサ科であることが今回、近藤純夫先生の本を見て知った次第です。(*近藤純夫著「ハワイアン・ガーデン/平凡社を参照)
一気に熱帯植物を多く見ることができるので、デザインを思案中の方にはいいかもしれないですね。

オノメアの滝は心が洗われます
オノメアの滝は心が洗われます
お化けのような大きく長いヘリコニアがたくさんあります
お化けのような大きく長いヘリコニアがたくさんあります
ブルージンジャーも近くで観察できます
ブルージンジャーも近くで観察できます

オーキッドのガーデン、リリーレイク、そしてボウルダー・クリーク滝を見るのも楽しいでしょう。木の表皮にはコケが生育し、雨が多いことを物語っています。リリーレイクには蓮の花も咲いています。
(水はあまり綺麗ではないので、水の中に手を入れないように気をつけて下さい)
そして海の方へ歩きます。目の前にオノメア湾を見渡せるスポットがあります。お天気だとさらに素敵な眺望です。写真では少しわかりにくいかもしれませんが、湾の中に二つの岩が見えます。実はこの2つの岩(ツインロックス)にはカハリイの恋人伝説があります。
この場所には昔、ハワイアンのカハリイ村がありました。一説では、海からやってくるカヌーに乗った侵入者を防ぐため、酋長が恋人達に村を守るように言い伝え、一晩経つと恋人達はいなくなり、その代わり湾の中には村を守るように大きな岩が2つ現れ、命を持って村を守ったと言い伝えられています。とても忠誠心のある人達だったのですね。。

オーキッドの種類も豊富
オーキッドの種類も豊富
リリーレイクには蓮の花が咲いています
リリーレイクには蓮の花が咲いています
伝説のあるオノメア湾の2つの岩
伝説のあるオノメア湾の2つの岩(ツインロックス)

雨の多い植物園ですが、晴れたりやんだりしますので、ゆっくり楽しみながら回ってみましょう。私が今回一番気に入った植物は「猫のひげ(cat’s whiskers)」です。猫のひげのようなシソ科の植物で、ハワイアンキルトのデザインには難しいかもしれないですが、おもしろい植物ですね。
ハワイ島に来られたら、是非行かれて下さいね!

*園内では植物に触れたり、フルーツを食べたり、水を飲んだりは止めましょう。虫除けのスプレー、お水などは持参して下さい。

猫のひげ
猫のひげ

こちらの植物園からのインスピレーションでデザインした、まさに「ハワイアン・トロピカル・ガーデン」というベビーキルトです。
中には、ブルージンジャー、トーチジンジャー、カヒリジンジャー、ホワイトジンジャーを入れてデザインしてあります。

トロピカル・ガーデンのベビーキルト
トロピカル・ガーデンのベビーキルト(中務純子さん作)

By アン

Hawaii Tropical Botanical Garden
27-717 Old Mamalahoa Highway
Papaikou, HI  96781
Tel:  808-964-5233(英語のみ)
ウェブサイト:http://htbg.com(英語のみ)
時間:9時~17時(入園は16時まで)
休み:サンクスギビング、クリスマス、元旦
料金:大人一人$15、子供一人$5(6歳~16歳)、5歳以下は無料

お知らせ:
2017年2月15日~19日
横浜みなとみらい、ギャラリーAでのハワイアンキルト展が決まりました!
たくさんの方々のお越し、お待ちしております。

★facebook始めました!
https://www.facebook.com/pages/Annes-Hawaiian-Quilt/681572441861121?hc_location=stream

 

ハワイ・ボタニカル・ガーデン・イン・ヒロhttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/12/Legendoftwinrocks-1024x683.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/12/Legendoftwinrocks-150x150.jpg藤原小百合アンキルトパラダイスヒロにあるトロピカル植物の種類が多い植物園を紹介します。 ハワイ島北東部にあるオノメア湾を背景にした、広さが約5万坪のトロピカル・ガーデンには2000種類以上の植物がありますが、そのうちわけは125科、750種類の熱帯植物を見ることができます。ガーデン内のトレイルの長さは約1.25マイル(約2キロ)で、約2時間で園内を回ることができます。ガーデン内にはオノメアの小川が流れ、いくつかの滝も目の辺りにできます。オーシャンビューを楽しめるスポットもあり、大自然の中をウォーキングする感じですね。雨が多い時もありますが、入り口では貸し出し用の傘もあり、しっとりとした雰囲気でガーデン内を楽しめます。 もともとは、個人の私有地でしたが、今は非営利団体が運営する植物園になっています。チケットは売店で購入。そこから道をはさんだエントランスから入園です。ガイドは付きませんので、地図を片手に園内を歩きます。 まずは木の板で出来た歩道をどんどん下っていきます。雨が多い場所なので、スニーカーでないと危険ですね。右や左にはジンジャーの群生やシダの群生などを見ることができ、ハワイアンキルトをやっている人には、キルトデザインがあちらこちらにと貴重な風景です。 木の板の歩道が終わると平らなコンクリートの歩道に変わります。その辺りから椰子の木のジャングル、ヘリコニアの群生などがあり、オノメアの滝を見ることができます。植物の前には植物名の入った看板もあり、とてもわかり易いですが、スケールの大きさに、植物園ということを忘れてしまいそうになります。ヘリコニアの種類も多いですが、育ちすぎたような巨大な物もたくさんあります。外来種が多いのですが、赤い看板は、ハワイ固有種の植物なので、是非見つけてみましょう。 ジンジャーの群生には、カヒリジンジャー、イエロージンジャー、トーチジンジャー、ビーハイブジンジャー、レッドジンジャー、ピンクジンジャー、インディアンヘッド、シェルジンジャー、ホワイトジンジャーなどがあります。ジンジャーは外来種なので、昔からハワイに生育していた植物ではないですが、ハワイアンキルトのデザインとしてはポピュラーです。 名前はブルージンジャーですが、ショウガ科ではなくツユクサ科であることが今回、近藤純夫先生の本を見て知った次第です。(*近藤純夫著「ハワイアン・ガーデン/平凡社を参照) 一気に熱帯植物を多く見ることができるので、デザインを思案中の方にはいいかもしれないですね。 オーキッドのガーデン、リリーレイク、そしてボウルダー・クリーク滝を見るのも楽しいでしょう。木の表皮にはコケが生育し、雨が多いことを物語っています。リリーレイクには蓮の花も咲いています。 (水はあまり綺麗ではないので、水の中に手を入れないように気をつけて下さい) そして海の方へ歩きます。目の前にオノメア湾を見渡せるスポットがあります。お天気だとさらに素敵な眺望です。写真では少しわかりにくいかもしれませんが、湾の中に二つの岩が見えます。実はこの2つの岩(ツインロックス)にはカハリイの恋人伝説があります。 この場所には昔、ハワイアンのカハリイ村がありました。一説では、海からやってくるカヌーに乗った侵入者を防ぐため、酋長が恋人達に村を守るように言い伝え、一晩経つと恋人達はいなくなり、その代わり湾の中には村を守るように大きな岩が2つ現れ、命を持って村を守ったと言い伝えられています。とても忠誠心のある人達だったのですね。。 雨の多い植物園ですが、晴れたりやんだりしますので、ゆっくり楽しみながら回ってみましょう。私が今回一番気に入った植物は「猫のひげ(cat’s whiskers)」です。猫のひげのようなシソ科の植物で、ハワイアンキルトのデザインには難しいかもしれないですが、おもしろい植物ですね。 ハワイ島に来られたら、是非行かれて下さいね! *園内では植物に触れたり、フルーツを食べたり、水を飲んだりは止めましょう。虫除けのスプレー、お水などは持参して下さい。 こちらの植物園からのインスピレーションでデザインした、まさに「ハワイアン・トロピカル・ガーデン」というベビーキルトです。 中には、ブルージンジャー、トーチジンジャー、カヒリジンジャー、ホワイトジンジャーを入れてデザインしてあります。 By アン Hawaii Tropical Botanical Garden 27-717 Old Mamalahoa Highway Papaikou, HI  96781 Tel:  808-964-5233(英語のみ) ウェブサイト:http://htbg.com(英語のみ) 時間:9時~17時(入園は16時まで) 休み:サンクスギビング、クリスマス、元旦 料金:大人一人$15、子供一人$5(6歳~16歳)、5歳以下は無料 お知らせ: 2017年2月15日~19日 横浜みなとみらい、ギャラリーAでのハワイアンキルト展が決まりました! たくさんの方々のお越し、お待ちしております。 ★facebook始めました! https://www.facebook.com/pages/Annes-Hawaiian-Quilt/681572441861121?hc_location=stream  ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る