ミステリーキルトと称するピースワークに挑戦中!

ハワイ島、ワイメアで毎週木曜日に集まっているアヌエヌエキルターズに3年近く所属しています。ホノルルに戻って来た現在でもその一員なので、先日ハワイ島に行った時、参加させてもらいました。20名近くメンバーがいますが、私以外は、皆さんリタイアされている方々です。しかしながら、パワフルな女性が集まる素晴らしいキルトクラブです。
ハワイアンキルト、ピースワーク、ミシンキルト、洋服作り、ビーズ、手編みなどなど個々にやっていることは違いますが、基本はミシンでやるピースワーク(パッチワークキルト)です。私が習ったパッチワークキルトは、ピースをカットして(1枚づつ)、それを手縫いしました。ですが、現在のピースワークはロータリーカッターですべて1/4インチの縫い代を入れてカットし、ミシンに付いている目盛りを見ながら縫っていくという、とても合理的なミシンピーシングがアメリカでは主流になっているようです。
ミステリーキルトとは、キルトクラブがやったりする、クイズ形式の最後まで何を作っているかわからないキルトを指します。私が始めたのはちょうど2年前。毎週クラブの集まりに行くと、小さいメモが渡されその指示に従って1週間の宿題をするというものでした。
まずは4種類の生地を用意。そしてそれはどこに使われるかわからないので、想像するしかないのです。私はグラデーションでブルー系とブラック系を選びました。
4種類の生地を用意しました
そして指示に従いロータリーカッターでカットしていきます
 ステップ1は生地のカッティングです。ロータリーカッターを使ったことはありますが、上手にいきません。やはりこつがあるのです。自分側から外側に向けてカットしていくと上手に切れます。カッターマットもなぜ目盛りが付いているのか? こちらにもきちんと意味があったわけです。定規も同じブランドで統一しないと、微妙な誤差がでると言います。カッターマットの目盛りと定規をうまく組み合わせて生地をカットすることを学びました。上手にカットできるようになると楽しいです。
3角形の定規が必要ということだけ指示があったので、購入しておきました。こちらも動かないようにカットするのが一苦労。でもどんなデザインになるかわくわくしながらの作業は楽しいですね。
何十枚ものカットは大変でしたが、まずカッティングは無事に終了。きちんとカット出来ていればいいのですが。。
三角形の定規を使ってのカットも難しいです
すべてのカッティング終了
さて、次はステップ2です。こちらは生地のナンバー1と4を縫い合わせるという指示しかありません。ということで1と4を縫い合わせました。ミシンの目盛りの1/4インチが正しいかどうかを計る定規もあるくらい1/4インチの縫い代とは大切なものです。完成したピースを大きく繋げる時にとても重要になります。何回もやり直しをしたり、調節したりしてミシンをかけました。ミシンのフットも1/4インチのものを使うと便利です。
生地1と4を繋げるためにまち針をしたピース
ミシンの目盛りを見ながら1/4インチの縫い代で縫います
ミシンのフットも1/4インチの幅の物を使うと効率的
ステップ2の指示に従い縫う位置を変えて2種類縫いました。
ミシン糸も会社によって、横にするか縦で糸を通すかで、縫い目が変わってくることも学びました。ミシンキルトって結構奥が深いことがよくわかりました。そして今まで使っていなかったミシンの機能がたくさんあることも勉強になりました。
ミシンの会社によっても何もかも違います。ピーシングにとても定評のあるミシンがほしくてなりません!!!
縫うところの違うピースが2種類できました
ミシン糸を縦にするか横にするかで縫い目も変わってきます
ミシン糸を縦にするか横にするかで縫い目も変わってきます
ミシン糸の会社により、巻き方で色々変わります
そしてステップ3。細くカットした生地の1と3を繋げます。そしてその次の週は1と3に2を付けました。そしてステップ2で作ったピースに生地1をもう一度縫い付けました。その2つの組み合わせで正方形のピースを作りました。これがすべての元になります。この組み合わせで何種類ものパターンが生まれるのです。
ステップ3の生地1と3を縫い合わせたもの
ステップ3に生地2を付けて三角形にしたピース
そしてステップ1とステップ3を縫い合わせて正方形に作ったピース
正方形のピースをすべて完成させた後は、サンプルのデザインを選び、1枚の大きなピースに縫います。この組み合わせで、かなり違った顔のキルトトップになります。色々と試してみました。この作業結構楽しいですが、やっているうちにわからなくなったりします(笑)。
サンプル通りに並べてみます
1つめの組み合わせ
2つめの組み合わせ
 何回も続けているうちに、やっと好きな組み合わせが見つかりました。 自画自賛ですが、何ができるかわからずに選んだ4種類の生地の組み合わせ、なかなかだと思いませんか? これが嫌でミステリーキルトは作らないって人もいますが、それはそれで楽しいと思いました。これからこのブロックをすべてきちんとアイロンし、1枚のトップに繋げます。そしてキルト芯と裏地を付けて、こちらもミシンでキルティングをします。フリーモーションのキルティングは難しいですが、こちらも習ったのでなんとか挑戦したいと思っています。
サンプル通りに色々並べてみました
この組み合わせが一番しっくりきました
お気に入りの組み合わせ
他の方の作品をご紹介しておきますね。色もデザインもパターンもすべて違うと完成の印象が違いますね。またブロック毎にボーダーを入れたり、回りに別布を付けたりと色々工夫されているのが、さすがベテランキルターです。私も少しアレンジしてみようかとも思います。
ベテランキルターの作品1です
ベテランキルターの作品2です
ベテランキルターの作品3です
ベテランキルターの作品4です
 By アン
ミステリーキルトhttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/04/Mystery4-1024x768.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/04/Mystery4-150x150.jpg藤原小百合アンキルトパラダイスハワイアンキルト,ミステリーキルトミステリーキルトと称するピースワークに挑戦中! ハワイ島、ワイメアで毎週木曜日に集まっているアヌエヌエキルターズに3年近く所属しています。ホノルルに戻って来た現在でもその一員なので、先日ハワイ島に行った時、参加させてもらいました。20名近くメンバーがいますが、私以外は、皆さんリタイアされている方々です。しかしながら、パワフルな女性が集まる素晴らしいキルトクラブです。 ハワイアンキルト、ピースワーク、ミシンキルト、洋服作り、ビーズ、手編みなどなど個々にやっていることは違いますが、基本はミシンでやるピースワーク(パッチワークキルト)です。私が習ったパッチワークキルトは、ピースをカットして(1枚づつ)、それを手縫いしました。ですが、現在のピースワークはロータリーカッターですべて1/4インチの縫い代を入れてカットし、ミシンに付いている目盛りを見ながら縫っていくという、とても合理的なミシンピーシングがアメリカでは主流になっているようです。 ミステリーキルトとは、キルトクラブがやったりする、クイズ形式の最後まで何を作っているかわからないキルトを指します。私が始めたのはちょうど2年前。毎週クラブの集まりに行くと、小さいメモが渡されその指示に従って1週間の宿題をするというものでした。 まずは4種類の生地を用意。そしてそれはどこに使われるかわからないので、想像するしかないのです。私はグラデーションでブルー系とブラック系を選びました。  ステップ1は生地のカッティングです。ロータリーカッターを使ったことはありますが、上手にいきません。やはりこつがあるのです。自分側から外側に向けてカットしていくと上手に切れます。カッターマットもなぜ目盛りが付いているのか? こちらにもきちんと意味があったわけです。定規も同じブランドで統一しないと、微妙な誤差がでると言います。カッターマットの目盛りと定規をうまく組み合わせて生地をカットすることを学びました。上手にカットできるようになると楽しいです。 3角形の定規が必要ということだけ指示があったので、購入しておきました。こちらも動かないようにカットするのが一苦労。でもどんなデザインになるかわくわくしながらの作業は楽しいですね。 何十枚ものカットは大変でしたが、まずカッティングは無事に終了。きちんとカット出来ていればいいのですが。。 さて、次はステップ2です。こちらは生地のナンバー1と4を縫い合わせるという指示しかありません。ということで1と4を縫い合わせました。ミシンの目盛りの1/4インチが正しいかどうかを計る定規もあるくらい1/4インチの縫い代とは大切なものです。完成したピースを大きく繋げる時にとても重要になります。何回もやり直しをしたり、調節したりしてミシンをかけました。ミシンのフットも1/4インチのものを使うと便利です。 ステップ2の指示に従い縫う位置を変えて2種類縫いました。 ミシン糸も会社によって、横にするか縦で糸を通すかで、縫い目が変わってくることも学びました。ミシンキルトって結構奥が深いことがよくわかりました。そして今まで使っていなかったミシンの機能がたくさんあることも勉強になりました。 ミシンの会社によっても何もかも違います。ピーシングにとても定評のあるミシンがほしくてなりません!!! そしてステップ3。細くカットした生地の1と3を繋げます。そしてその次の週は1と3に2を付けました。そしてステップ2で作ったピースに生地1をもう一度縫い付けました。その2つの組み合わせで正方形のピースを作りました。これがすべての元になります。この組み合わせで何種類ものパターンが生まれるのです。 正方形のピースをすべて完成させた後は、サンプルのデザインを選び、1枚の大きなピースに縫います。この組み合わせで、かなり違った顔のキルトトップになります。色々と試してみました。この作業結構楽しいですが、やっているうちにわからなくなったりします(笑)。  何回も続けているうちに、やっと好きな組み合わせが見つかりました。 自画自賛ですが、何ができるかわからずに選んだ4種類の生地の組み合わせ、なかなかだと思いませんか? これが嫌でミステリーキルトは作らないって人もいますが、それはそれで楽しいと思いました。これからこのブロックをすべてきちんとアイロンし、1枚のトップに繋げます。そしてキルト芯と裏地を付けて、こちらもミシンでキルティングをします。フリーモーションのキルティングは難しいですが、こちらも習ったのでなんとか挑戦したいと思っています。 他の方の作品をご紹介しておきますね。色もデザインもパターンもすべて違うと完成の印象が違いますね。またブロック毎にボーダーを入れたり、回りに別布を付けたりと色々工夫されているのが、さすがベテランキルターです。私も少しアレンジしてみようかとも思います。  By アン ★facebook始めました! https://www.facebook.com/pages/Annes-Hawaiian-Quilt/681572441861121?hc_location=streamハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る