ハレアカラ山頂の展望台

マウイ島のほぼ東半分を占めるハレアカラは、ハワイ島のマウナ・ロアやマウナ・ケアと同じように、なだらかな山容を持つ盾状火山です。標高は3056m。山頂には短径3.5km、長径9.5kmの巨大なクレーターが、ほぼ北から南西にかけて広がります。

ハレアカラが最後に噴火したのは1750年と言われますが、地質学的な根拠ではなく人類学的な資料からの推測です。実際はさらに古いからもしれません。比較的最近まで、ラ・ペルーズがマウイに来島した1786年から、バンクーバーが来島した1793年の間に最後の噴火があったとの説が有力でした。東マウイの南端に近いマケナとラ・ペルーズ湾の間には1790年に流れたとされる広大な溶岩流地帯が残っており、これは当時のハワイ人によって目撃されたとされているからですが、はっきりしたことは分かっていません。また、西マウイでもこれと前後して最後の噴火があり、それが今日、カパルアにあるマカルアプナ岬を出現させたとも言われます。いずれにせよ、少なくともその後200年以上噴火は起きていませんが、ハレアカラはまだ死火山ではありません。まだ噴火の可能性は残されています。

マウイ島は最初に西マウイの部分が海上に出現しました。西マウイの火山活動が沈静化した100万年ほど前にハレアカラが海上に出現したとされます。75万年ほど前に最大の山容となり、その後浸食を受けました。さらに30万年ほど前、ハレアカラはほぼふたつの山塊に断裂します。しかし、7万年ほど前に再び噴火活動が活発となり、噴出した溶岩が渓谷を埋め尽くして今日の形になりました。山頂クレーターは、北に向かって伸びるコオラウ・ギャップ(峡谷)と、南西に向かって伸びるカウポ・ギャップに分かれます。後者はさらに中腹で2つに分かれ、北側はワイホイ渓谷、南側はキーパフル渓谷となって海岸まで延びています。

登山道の脇に咲くギンケンソウ

クレーターのほぼ全域はハレアカラ国立公園となっています。クレーター内の登山道を下りると、周辺の斜面に銀色をした球体が点在しているのに気づきます。これは標高2200m以上でしか生育できないハワイ固有種のギンケンソウ(シルバーソード)です。かつて先住のハワイ人は銀剣草をボールに見立て、蹴り転がしたと言われます。そのため、ギンケンソウは徐々に数を減らし、20世紀に入るとわずか数十株にまで数を減らしました。このことを憂慮した環境活動家たちが行動を起こし、ギンケンソウを守ることを主な目的として国立公園化を訴えました。その結果、山頂のクレーターは1916年に、ハワイ島のハワイ火山国立公園の一部に指定されました。さらに1961年7月にはキパフル・ギャップが加えられて単独の国立公園であるハレアカラ国立公園となりました。

ギンケンソウの他にもナエナエなど、この地に特有の植物があるものの、ハレアカラ・クレーターは月世界を思わせる荒涼とした光景が広がります。雨は多孔質の火山土のなかに浸透してしまうため、植物はほとんど根づかないのです。クレーター内の赤や黄色、灰色、黒色に見える部分は溶岩や火山灰、噴石の跡です。NASA(アメリカ航空宇宙局)はこの光景を月世界に見立て、1960年代にはここで宇宙飛行士の訓練を行いました。また、スタンリー・キューブリック監督の名作『2001年宇宙の旅』の撮影地としても知られます。

山頂近くの天文台群

トレイルの出発点となる駐車場の先には、ハレアカラ天文観測所があります。ここはMSSC(マウイ宇宙監視複合体)と呼ばれ、衛星探査など、科学目的のほかに軍事目的でも使用されます。その解析度は高く、宇宙ステーションの構造を三次元で表示したり、スペースシャトルの耐熱タイルのチェックも可能だと言われます。このほかには、GEODSS(地上設置光学式深宇宙探査システム)などに並んで東京大学の観測所もあり、国産では2番目に大きなマグナム望遠鏡があります。また、福島県飯舘村から移設した惑星大気観測用の60cm望遠鏡(T60)もあります。原発事故によって中断を余儀なくされた東北大の観測所に、ハワイの人々が救いの手を差しのべてくれたのです。

クレーター内には、クレーターの東にあるパリクー・キャビンを利用してカウポーまで下るロング・コースから日帰りコースまで、いくつかのトレイルがあります。なかでもスライディング・サンズ・トレイルに人気があり、もっとも手前のカル・ウ・オカ・オー・オー(ハワイ語で「棒を入れて開けた深い穴」の意味)までは往復4時間ほどの行程でトレッキングを楽しむことができます。

クレーターを降りる登山者たち

マウイ神話

ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」という意味です。このことばの由来はポリネシア地域に広く伝わるマウイという半神の伝説に基づきます。マウイには次のような言い伝えがあります。

昔、太陽は今よりも熱く、速く動いていました。そのため、人々は暑さに耐えるとともに、とても早く過ぎ去る太陽に追い立てられて暮らしていました。マウイは太陽が住むハレアカラ山に登り、この事実を確かめると、母のヒナに、太陽を捕まえてもっと遅く動くようにすると伝えます。するとヒナはハレアカラのクレーターに住む祖母から道具を受け取るように言いました。祖母からロープと斧を受け取ったマウイは、ウィリウィリの木の下に隠れて太陽を待ちました。太陽には脚があります。マウイはその脚にロープをかけて捕まえると、斧で斬りかかりました。太陽は命乞いをし、これからはゆっくりと移動することを約束しました。

ハレアカラhttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/10/SK11516.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/10/SK11516-150x150.jpg近藤純夫特集マウイ島のほぼ東半分を占めるハレアカラは、ハワイ島のマウナ・ロアやマウナ・ケアと同じように、なだらかな山容を持つ盾状火山です。標高は3056m。山頂には短径3.5km、長径9.5kmの巨大なクレーターが、ほぼ北から南西にかけて広がります。 ハレアカラが最後に噴火したのは1750年と言われますが、地質学的な根拠ではなく人類学的な資料からの推測です。実際はさらに古いからもしれません。比較的最近まで、ラ・ペルーズがマウイに来島した1786年から、バンクーバーが来島した1793年の間に最後の噴火があったとの説が有力でした。東マウイの南端に近いマケナとラ・ペルーズ湾の間には1790年に流れたとされる広大な溶岩流地帯が残っており、これは当時のハワイ人によって目撃されたとされているからですが、はっきりしたことは分かっていません。また、西マウイでもこれと前後して最後の噴火があり、それが今日、カパルアにあるマカルアプナ岬を出現させたとも言われます。いずれにせよ、少なくともその後200年以上噴火は起きていませんが、ハレアカラはまだ死火山ではありません。まだ噴火の可能性は残されています。 マウイ島は最初に西マウイの部分が海上に出現しました。西マウイの火山活動が沈静化した100万年ほど前にハレアカラが海上に出現したとされます。75万年ほど前に最大の山容となり、その後浸食を受けました。さらに30万年ほど前、ハレアカラはほぼふたつの山塊に断裂します。しかし、7万年ほど前に再び噴火活動が活発となり、噴出した溶岩が渓谷を埋め尽くして今日の形になりました。山頂クレーターは、北に向かって伸びるコオラウ・ギャップ(峡谷)と、南西に向かって伸びるカウポ・ギャップに分かれます。後者はさらに中腹で2つに分かれ、北側はワイホイ渓谷、南側はキーパフル渓谷となって海岸まで延びています。 クレーターのほぼ全域はハレアカラ国立公園となっています。クレーター内の登山道を下りると、周辺の斜面に銀色をした球体が点在しているのに気づきます。これは標高2200m以上でしか生育できないハワイ固有種のギンケンソウ(シルバーソード)です。かつて先住のハワイ人は銀剣草をボールに見立て、蹴り転がしたと言われます。そのため、ギンケンソウは徐々に数を減らし、20世紀に入るとわずか数十株にまで数を減らしました。このことを憂慮した環境活動家たちが行動を起こし、ギンケンソウを守ることを主な目的として国立公園化を訴えました。その結果、山頂のクレーターは1916年に、ハワイ島のハワイ火山国立公園の一部に指定されました。さらに1961年7月にはキパフル・ギャップが加えられて単独の国立公園であるハレアカラ国立公園となりました。 ギンケンソウの他にもナエナエなど、この地に特有の植物があるものの、ハレアカラ・クレーターは月世界を思わせる荒涼とした光景が広がります。雨は多孔質の火山土のなかに浸透してしまうため、植物はほとんど根づかないのです。クレーター内の赤や黄色、灰色、黒色に見える部分は溶岩や火山灰、噴石の跡です。NASA(アメリカ航空宇宙局)はこの光景を月世界に見立て、1960年代にはここで宇宙飛行士の訓練を行いました。また、スタンリー・キューブリック監督の名作『2001年宇宙の旅』の撮影地としても知られます。 トレイルの出発点となる駐車場の先には、ハレアカラ天文観測所があります。ここはMSSC(マウイ宇宙監視複合体)と呼ばれ、衛星探査など、科学目的のほかに軍事目的でも使用されます。その解析度は高く、宇宙ステーションの構造を三次元で表示したり、スペースシャトルの耐熱タイルのチェックも可能だと言われます。このほかには、GEODSS(地上設置光学式深宇宙探査システム)などに並んで東京大学の観測所もあり、国産では2番目に大きなマグナム望遠鏡があります。また、福島県飯舘村から移設した惑星大気観測用の60cm望遠鏡(T60)もあります。原発事故によって中断を余儀なくされた東北大の観測所に、ハワイの人々が救いの手を差しのべてくれたのです。 クレーター内には、クレーターの東にあるパリクー・キャビンを利用してカウポーまで下るロング・コースから日帰りコースまで、いくつかのトレイルがあります。なかでもスライディング・サンズ・トレイルに人気があり、もっとも手前のカル・ウ・オカ・オー・オー(ハワイ語で「棒を入れて開けた深い穴」の意味)までは往復4時間ほどの行程でトレッキングを楽しむことができます。 マウイ神話 ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」という意味です。このことばの由来はポリネシア地域に広く伝わるマウイという半神の伝説に基づきます。マウイには次のような言い伝えがあります。 昔、太陽は今よりも熱く、速く動いていました。そのため、人々は暑さに耐えるとともに、とても早く過ぎ去る太陽に追い立てられて暮らしていました。マウイは太陽が住むハレアカラ山に登り、この事実を確かめると、母のヒナに、太陽を捕まえてもっと遅く動くようにすると伝えます。するとヒナはハレアカラのクレーターに住む祖母から道具を受け取るように言いました。祖母からロープと斧を受け取ったマウイは、ウィリウィリの木の下に隠れて太陽を待ちました。太陽には脚があります。マウイはその脚にロープをかけて捕まえると、斧で斬りかかりました。太陽は命乞いをし、これからはゆっくりと移動することを約束しました。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る