辺境の地と信仰

マウナ・ケア山頂の祭壇と対岸のマウナ・ロア

先住のハワイ人は、ハワイ諸島の辺境の地や高山の頂を聖なる場所と考えました。ハワイ島のマウナ・ケアやマウナ・ロア、マウイ島ハレアカラなどの頂のほかにも、イアオ針峰など、登頂の困難な山も、人を寄せつけがたいという理由で聖なる場所と信じられました。

マウナ・ケア(ハワイ島)

マウナ・ケア(4,205m)はハワイ諸島の最高峰として知られます。山頂には世界屈指の気象条件を活かし、巨大な天文台がひしめき合います。しかしここは同時に、ハワイの伝統文化にとっては聖地でもあります。伝統文化を大切にする人々にとり、現状はあまりよいものと言えません。1980年代に始まったハワイ文化の復興運動(ハワイアン・ルネッサンス)をきっかけに、さまざまな意識改革が行われた結果、山頂には祭壇が設けられ、直下のポリハレの丘(プウ・ポリハレ)は聖域として保護されています。しかし、数年後に着工される巨大望遠鏡(TMT)を契機に、伝統文化と科学者たちとの間に問題が発生しています。聖地と科学が同じ歩みができることを願います。

マウナ・ケア山頂直下のワイアウ湖

山頂直下にあるワイアウ湖もまた先住のハワイ人にとっては重要な場所です。ワイアウとは、マウナ・ケアの創造者であるワーケア(あるいはカーネ)が創造した4人の娘の1人でもあります。ハワイの伝統文化において赤ん坊の臍の緒(ピコ)には「血縁」や「高山の頂」とった意味もあり、重要なものでした。赤ん坊を産んだ母親はこの臍の緒を、標高約4,000mのワイアウ湖まで登って投げ入れ、願掛けをしました。また、死者の霊はこの湖を基点に霊界とこの世を行き来すると信じられました。ハワイの人々はこの湖が底なしであると信じていましたが、近年に簡易な測量をした結果、水深はわずか3m程度であることが判明しています。冬期は凍りますが、水は決して涸れることはありません。なぜ涸れないのかについては現代の科学でも解かれていないとのことで、湖の神秘性を感じさせます。

ポリハレ(カウアイ島)

ポリハレ・ビーチ

カウアイ島西部はポリハレと呼ばれ、火の女神ペレの姉であるナーマカオカハイが住む聖なる場所とされます。この地域にポリハレ・ビーチがあり、その端にある崖はハエレエレと呼ばれます。神々や先祖の霊は、ハワイのさまざまな場所からポリハレにやって来ると言われます。そのため、この地域に住む人々は、東方から神々が行進して家のなかに入ってきて家のなかの人々を捕まえることのないように、東に面した方角には決して入口を造りませんでした。

ハエレエレは、死者の魂が飛び降り、黄泉の国(ポー)へ行く入口ともされます。ハワイの神々とは先祖の霊(アウマクア)でもありますから、死者は黄泉の国を通って先祖と再会するのです。もし死者を迎え入れる先祖の霊がいないと、死者はこの一帯の岩に取りつき、彷徨う霊となってしまいます。このため、ポリハレの土地から石を持ち帰ることは強く戒められています。ポリハレ・ビーチの果てにはいまも黄泉の国の入口があると信じられています。また、近くにはポーの神として知られるミル(「地下世界」の意味)を祀るポリハレ・ヘイアウがあります。ポリハレとは、「闇の家」を意味します。

ポリハレ・ビーチの砂を踏むと犬の鳴き声のような音がするところがあります。かつてここはノヒリと呼ばれていました。昔、この地で世捨て人のように暮らす男がいました。彼は何匹かの犬と一緒に暮らしていましたが、近隣の人々は眉をしかめました。ハワイの文化では犬は食用であって友人ではなかったからです。ある日、男が漁へ出ようとすると犬たちが一斉に吠えてそれを止めようとしました。男はそれを振り切って船を出しました。やがて大嵐が到来し、どちらが陸地なのかさえ分からない状態となりました。そのとき、男の耳に犬の鳴き声が聞こえました。彼はその泣き声を頼りになんとか戻ることができました。しかし、そこに犬たちの姿はありませんでした。犬たちは嵐に巻き込まれて砂のなかに沈んでしまったのです。それでも主人の身を案じ、砂の中から吠えて主人を助けたのでした。そのため、「Ke one kani o Nohili(ノヒリの吠え砂)」と呼ばれるようになりました。いまもこの土地で霊的な力を得られると信じる人は少なくありません。

イアオ針峰(マウイ島)

西マウイの玄関口でもあるワイルクから道を辿るとイアオ渓谷州立公園に到着します。渓谷の周囲に広がる山間部は雨の多い土地で、山々の全容を眺められることはあまりありません。なかでも先端が鋭く立ち上がったイアオ・ニードル(針峰)とその周辺は霊的なエネルギーであるマナの力が強い土地とされ、歴代王家の墓地として使用されました。彼らは奥深く続く山々の、洞窟の奥などに埋葬されました。

イアオ・ニードル(左手奥)

この地域には多くの神話が残されています。ハワイに数多い神々のなかでも太陽を捕まえたマウイはよく知られます。彼は善行の神というイメージが強いですが、陰の顔もあります。あるとき、マウイの娘であるは絶世の美女イアオに恋人プウオカモウイができたことに腹を立てます。そして彼を殺そうとしました。マウイとは反対に、嫉妬深さで知られるのは火の女神ペレですが、彼女はマウイに対し、プウオカモウイは自分の知人でもあるから命を助けて欲しいと願います。これを聞きつけた娘のイアオも父に嘆願するのですが、非情にも、マウイは殺さぬことを承諾したものの、恋人を岩に変え、あろうことか、これでいつも見ることはできるだろうとイアオに言い捨てたのでした。太陽を捕まえて人々の暮らしをよくしたり、母ヒナを災難から救ったときのよいイメージが崩れてしまうような話でもあります。マウイが変えたその岩こそ、今日、イアオ・ニードルと呼ばれる針峰です。

 

ハワイの聖地(2)http://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/08/eyecatch227special.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/08/eyecatch227special-150x150.jpg近藤純夫特集イアオ,ニードル,ハワイ,ポリハレ,マウナケア,聖地辺境の地と信仰 先住のハワイ人は、ハワイ諸島の辺境の地や高山の頂を聖なる場所と考えました。ハワイ島のマウナ・ケアやマウナ・ロア、マウイ島ハレアカラなどの頂のほかにも、イアオ針峰など、登頂の困難な山も、人を寄せつけがたいという理由で聖なる場所と信じられました。 マウナ・ケア(ハワイ島) マウナ・ケア(4,205m)はハワイ諸島の最高峰として知られます。山頂には世界屈指の気象条件を活かし、巨大な天文台がひしめき合います。しかしここは同時に、ハワイの伝統文化にとっては聖地でもあります。伝統文化を大切にする人々にとり、現状はあまりよいものと言えません。1980年代に始まったハワイ文化の復興運動(ハワイアン・ルネッサンス)をきっかけに、さまざまな意識改革が行われた結果、山頂には祭壇が設けられ、直下のポリハレの丘(プウ・ポリハレ)は聖域として保護されています。しかし、数年後に着工される巨大望遠鏡(TMT)を契機に、伝統文化と科学者たちとの間に問題が発生しています。聖地と科学が同じ歩みができることを願います。 山頂直下にあるワイアウ湖もまた先住のハワイ人にとっては重要な場所です。ワイアウとは、マウナ・ケアの創造者であるワーケア(あるいはカーネ)が創造した4人の娘の1人でもあります。ハワイの伝統文化において赤ん坊の臍の緒(ピコ)には「血縁」や「高山の頂」とった意味もあり、重要なものでした。赤ん坊を産んだ母親はこの臍の緒を、標高約4,000mのワイアウ湖まで登って投げ入れ、願掛けをしました。また、死者の霊はこの湖を基点に霊界とこの世を行き来すると信じられました。ハワイの人々はこの湖が底なしであると信じていましたが、近年に簡易な測量をした結果、水深はわずか3m程度であることが判明しています。冬期は凍りますが、水は決して涸れることはありません。なぜ涸れないのかについては現代の科学でも解かれていないとのことで、湖の神秘性を感じさせます。 ポリハレ(カウアイ島) カウアイ島西部はポリハレと呼ばれ、火の女神ペレの姉であるナーマカオカハイが住む聖なる場所とされます。この地域にポリハレ・ビーチがあり、その端にある崖はハエレエレと呼ばれます。神々や先祖の霊は、ハワイのさまざまな場所からポリハレにやって来ると言われます。そのため、この地域に住む人々は、東方から神々が行進して家のなかに入ってきて家のなかの人々を捕まえることのないように、東に面した方角には決して入口を造りませんでした。 ハエレエレは、死者の魂が飛び降り、黄泉の国(ポー)へ行く入口ともされます。ハワイの神々とは先祖の霊(アウマクア)でもありますから、死者は黄泉の国を通って先祖と再会するのです。もし死者を迎え入れる先祖の霊がいないと、死者はこの一帯の岩に取りつき、彷徨う霊となってしまいます。このため、ポリハレの土地から石を持ち帰ることは強く戒められています。ポリハレ・ビーチの果てにはいまも黄泉の国の入口があると信じられています。また、近くにはポーの神として知られるミル(「地下世界」の意味)を祀るポリハレ・ヘイアウがあります。ポリハレとは、「闇の家」を意味します。 ポリハレ・ビーチの砂を踏むと犬の鳴き声のような音がするところがあります。かつてここはノヒリと呼ばれていました。昔、この地で世捨て人のように暮らす男がいました。彼は何匹かの犬と一緒に暮らしていましたが、近隣の人々は眉をしかめました。ハワイの文化では犬は食用であって友人ではなかったからです。ある日、男が漁へ出ようとすると犬たちが一斉に吠えてそれを止めようとしました。男はそれを振り切って船を出しました。やがて大嵐が到来し、どちらが陸地なのかさえ分からない状態となりました。そのとき、男の耳に犬の鳴き声が聞こえました。彼はその泣き声を頼りになんとか戻ることができました。しかし、そこに犬たちの姿はありませんでした。犬たちは嵐に巻き込まれて砂のなかに沈んでしまったのです。それでも主人の身を案じ、砂の中から吠えて主人を助けたのでした。そのため、「Ke one kani o Nohili(ノヒリの吠え砂)」と呼ばれるようになりました。いまもこの土地で霊的な力を得られると信じる人は少なくありません。 イアオ針峰(マウイ島) 西マウイの玄関口でもあるワイルクから道を辿るとイアオ渓谷州立公園に到着します。渓谷の周囲に広がる山間部は雨の多い土地で、山々の全容を眺められることはあまりありません。なかでも先端が鋭く立ち上がったイアオ・ニードル(針峰)とその周辺は霊的なエネルギーであるマナの力が強い土地とされ、歴代王家の墓地として使用されました。彼らは奥深く続く山々の、洞窟の奥などに埋葬されました。 この地域には多くの神話が残されています。ハワイに数多い神々のなかでも太陽を捕まえたマウイはよく知られます。彼は善行の神というイメージが強いですが、陰の顔もあります。あるとき、マウイの娘であるは絶世の美女イアオに恋人プウオカモウイができたことに腹を立てます。そして彼を殺そうとしました。マウイとは反対に、嫉妬深さで知られるのは火の女神ペレですが、彼女はマウイに対し、プウオカモウイは自分の知人でもあるから命を助けて欲しいと願います。これを聞きつけた娘のイアオも父に嘆願するのですが、非情にも、マウイは殺さぬことを承諾したものの、恋人を岩に変え、あろうことか、これでいつも見ることはできるだろうとイアオに言い捨てたのでした。太陽を捕まえて人々の暮らしをよくしたり、母ヒナを災難から救ったときのよいイメージが崩れてしまうような話でもあります。マウイが変えたその岩こそ、今日、イアオ・ニードルと呼ばれる針峰です。  ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る