logo_thelocomocoさらにもうひとつのハワイアンブレックファストのレストランが東京に

パンケーキが日本で大人気になった後に日本で流行した朝食レストランの中でも遅れて入ってきた「シナモンズ」。オアフ島東海岸にあるハワイで人気の2軒の朝食レストラン「ブーツ&キモズ」と「シナモンズ」のひとつです。残念ながら「ブーツ&キモズ」はまだ日本でオープンしていないので、「シナモンズ」が東京にあると聞いて、この機会は逃せないと思いました。メニューは高々と盛られたホイップクリームと様々なフルーツシロップがのった何層にも高く重ねられたパンケーキが中心でしたが、そのほかにもエッグ・ベネディクトやオムレツのような定番の朝食メニューもあります。でも僕は、ここへはもっと定番の朝食アイテム、ロコモコを食べに来ました。

The Loco Moco - Cinnamon's 場所

レストランは表参道の裏道の、スタイリッシュなブティックやレストランに囲まれたロケーションにあります。建物の2階にあって、天井が高く、ガラス張りで、ハワイアンな装飾が施された居心地のいいレストランです。席はテーブルかソファで、ハワイの店舗のようなダイナーというよりもカフェのような雰囲気です。

サービス

レストランにはオープンキッチンがあって、スタッフも程よく配されています。注文はフレンドリーに、そして適切に取っていました。僕たちのウェイターは明らかに新人でしたが、熱心でした。僕がロコモコを注文する時に、マックサラダが付いてくるか訊きましたが、彼は裏へ行って確認して戻って来ました。因みに、マックサラダは添えられていませんでしたし、サイドディッシュとしてもありませんでした。ロコモコを3皿注文したので、出てくるまで予想していたよりも長く、15分以上かかりました。

The Loco Moco - Cinnamon'sロコモコ

メニューの写真を見て気づいたのは、これまで食べて来た多くの店のように色味にレタスとトマトを使っていて、基本的な素材には満足できないところのようで、ちょっと不安でした。盛り付けは良かったんですが、こんなにたくさんのレタスは要らないんじゃないかと思います。歯ごたえにも味にも影響があるわけじゃないので。幸い、余計なものはレタスだけで、さらにタバスコの用意もありました。

これはちゃんとできていました。完璧に料理された卵を見るのは喜びでもありました。

パテ

これはとっても嬉しい驚きでした ー パテは期待していたよりも大きく、味付けもとてもいい感じです。ビーフ100%じゃないので、そのために「ハンバーグ・ロコモコ」と呼んでいるのでしょう。 でもまずまずです。僕は絶対、注文してから作られたものでなく、ここではただ温めているだけだと思います。そのために注文してから提供されるまで時間がかかったんです。

The Loco Moco - Cinnamon'sグレイビー

これも驚いたところです。玉ねぎとマッシュルーム入りのブラウングレイビー。何年か前にイリカイ・ホテルにあるシナモンズで食べましたが、僕の記憶が正しければ、ハワイのシナモンズでも同じでした。グレイビーは最高で、ライス・パテ・グレイビー・卵と、ロコモコの山を完璧なものにしています。

サラダ

ありません ー ちぎりレタスをサラダと見なさなければ。僕はカウントしません。

ライス

白米で、問題ありません。

The Loco Moco - Cinnamon's評決

すべての素材は平均以上ですが、添えられたレタスがこの料理を日本のコンビニのどんぶりのように「かわいく」しています。ロコモコは本来素朴で無骨なもので、色といえば茶色だけです。ランチにドリンク別で1,500円以上*、ということは雰囲気とブランドにお金を払っているようなものです。また来るか? いいえ、僕は来ませんが、日本の方はこの料理にハッピーだと思います。

*1,400円(税別)

良い点

グレイビー! とても良くできています。

悪い点

提供されるものに対する値段

総評

サービス(アロハ・スピリット): 3eggs
盛り付け: 3eggs
味: 3eggs
値段: 2eggs

The Loco Moco - Cinnamon's住所: 東京都渋谷区神宮前5-12-14 D-ASSET 2F
phone icon 電話番号: 03-6418-4295
url icon cinnamonstokyo.com

シナモンズ Cinnamon'shttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/11/218locomoco.jpghttp://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/11/218locomoco-150x150.jpgザ・ロコモコザ・ロコモコシナモンズ,ハワイ料理,ロコモコ,原宿,東京,神宮前さらにもうひとつのハワイアンブレックファストのレストランが東京に パンケーキが日本で大人気になった後に日本で流行した朝食レストランの中でも遅れて入ってきた「シナモンズ」。オアフ島東海岸にあるハワイで人気の2軒の朝食レストラン「ブーツ&キモズ」と「シナモンズ」のひとつです。残念ながら「ブーツ&キモズ」はまだ日本でオープンしていないので、「シナモンズ」が東京にあると聞いて、この機会は逃せないと思いました。メニューは高々と盛られたホイップクリームと様々なフルーツシロップがのった何層にも高く重ねられたパンケーキが中心でしたが、そのほかにもエッグ・ベネディクトやオムレツのような定番の朝食メニューもあります。でも僕は、ここへはもっと定番の朝食アイテム、ロコモコを食べに来ました。  場所 レストランは表参道の裏道の、スタイリッシュなブティックやレストランに囲まれたロケーションにあります。建物の2階にあって、天井が高く、ガラス張りで、ハワイアンな装飾が施された居心地のいいレストランです。席はテーブルかソファで、ハワイの店舗のようなダイナーというよりもカフェのような雰囲気です。 サービス レストランにはオープンキッチンがあって、スタッフも程よく配されています。注文はフレンドリーに、そして適切に取っていました。僕たちのウェイターは明らかに新人でしたが、熱心でした。僕がロコモコを注文する時に、マックサラダが付いてくるか訊きましたが、彼は裏へ行って確認して戻って来ました。因みに、マックサラダは添えられていませんでしたし、サイドディッシュとしてもありませんでした。ロコモコを3皿注文したので、出てくるまで予想していたよりも長く、15分以上かかりました。 ロコモコ メニューの写真を見て気づいたのは、これまで食べて来た多くの店のように色味にレタスとトマトを使っていて、基本的な素材には満足できないところのようで、ちょっと不安でした。盛り付けは良かったんですが、こんなにたくさんのレタスは要らないんじゃないかと思います。歯ごたえにも味にも影響があるわけじゃないので。幸い、余計なものはレタスだけで、さらにタバスコの用意もありました。 卵 これはちゃんとできていました。完璧に料理された卵を見るのは喜びでもありました。 パテ これはとっても嬉しい驚きでした ー パテは期待していたよりも大きく、味付けもとてもいい感じです。ビーフ100%じゃないので、そのために「ハンバーグ・ロコモコ」と呼んでいるのでしょう。 でもまずまずです。僕は絶対、注文してから作られたものでなく、ここではただ温めているだけだと思います。そのために注文してから提供されるまで時間がかかったんです。 グレイビー これも驚いたところです。玉ねぎとマッシュルーム入りのブラウングレイビー。何年か前にイリカイ・ホテルにあるシナモンズで食べましたが、僕の記憶が正しければ、ハワイのシナモンズでも同じでした。グレイビーは最高で、ライス・パテ・グレイビー・卵と、ロコモコの山を完璧なものにしています。 サラダ ありません ー ちぎりレタスをサラダと見なさなければ。僕はカウントしません。 ライス 白米で、問題ありません。 評決 すべての素材は平均以上ですが、添えられたレタスがこの料理を日本のコンビニのどんぶりのように「かわいく」しています。ロコモコは本来素朴で無骨なもので、色といえば茶色だけです。ランチにドリンク別で1,500円以上*、ということは雰囲気とブランドにお金を払っているようなものです。また来るか? いいえ、僕は来ませんが、日本の方はこの料理にハッピーだと思います。 *1,400円(税別) 良い点 グレイビー! とても良くできています。 悪い点 提供されるものに対する値段 総評 サービス(アロハ・スピリット): 盛り付け: 味: 値段: 住所: 東京都渋谷区神宮前5-12-14 D-ASSET 2F  電話番号: 03-6418-4295  cinnamonstokyo.comハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る