バードウィークがある5月のハワイ日和は、ハワイ固有種の鳥、エレパイオをご紹介します。ハワイ固有種の鳥、というとイイヴィやアパパネなどのミツスイや、ハワイ州の鳥にもなっているネネなどが有名かもしれません。イイヴィやネネは、ハワイの自然を象徴するものとして、写真やイラストでよく目にするので、実際には見たことがないけれど、どんな鳥かは知っているという方が多いのではないでしょうか。でも、エレパイオは?エレパイオってあまり聞かないかも・・・。真っ赤な羽を持つイイヴィやアパパネなどに比べると、エレパイオは地味な印象が否めません。でも実は、私はハワイの鳥の中でも、エレパイオが一推しなのです。

ちょっと地味な印象のエレパイオ
ちょっと地味な印象のエレパイオ

エレパイオは、ハワイミツスイ科のイイヴィやアパパネとは違い、カササギヒタキ科に分類される鳥です。と、言われても、ちょっとピンときませんよね。イイヴィやアパパネは花の蜜を主に食べている鳥ですが、エレパイオは虫を主食にしている鳥です。大きさは、スズメをやや小さくしたくらいで、イイヴィなどが花の蜜を吸いやすいように、細長いクチバシに進化したのに対し、やや太めで短いクチバシをしています。羽の色は茶系で、地味な印象ですが、短めのクチバシと大きな目、ミツスイに比べてふっくらしたフォルムが、とてもかわいい、と私は思っています。

大きな目がかわいいエレパイオ
大きな目がかわいいエレパイオ

ハワイの人々は、カヌーなどの材料になる木を選ぶときに、エレパイオがいない木を選んだそうです。エレパイオが頻発に訪れる木は、虫が多く、幹は虫喰いがあるかもしれない、というわけですね。虫を食べるエレパイオを、農業を助けてくれるという意味からも、人々は大切にしてきたそうです。しかし、現在ではハワイのミツスイと同様に、エレパイオも絶滅が危ぶまれています。エレパイオはカウアイ・エレパイオ、オアフ・エレパイオ、ハワイ・エレパイオの3種類に大きく分類されますが、そのうちオアフ・エレパイオの生息数はかなり厳しいものとなっているそうです。私も最近、エレパイオをなかなか見つけられずにいます。エレパイオの数や生息地域が減ってきているのではないといいのですが。

プウオキラ展望台から見た風景。以前はここで、エレパイオをよく見ることができました
プウオキラ展望台から見た風景。以前はここで、エレパイオをよく見ることができました

以前は、カウアイ島のプウオキラ展望台の付近で、よくエレパイオを見かけました。カウアイにいるのは、カウアイ・エレパイオという種類のエレパイオです。カウアイ・エレパイオは明るい茶系の羽をしていて、オヒア・レフアの幹や枝にとまっていたり、藪の中にいたりしました。エレパイオは、オヒア・レフアやコアによく訪れるそうです。10年ほど前、プウオキラ展望台から、その下にあるカララウ展望台までの道路が、数年間、車両での通行が閉鎖されていました。その頃は、この辺りでアパパネやエレパイオなど、たくさんの鳥を見ることができましたが、現在はあまり見ることはできません。

カウアイ・エレパイオ、アラカイ・スワンプで撮影
カウアイ・エレパイオ、アラカイ・スワンプで撮影

コケエでは、ハレマヌ・コケエ・トレイルやアラカイ・スワンプ・トレイルでもエレパイオを見たことがあります。特に、ハレマヌ・コケエ・トレイルでは、藪の中でエレパイオが囀っているところによく出会いました。エレパイオは(あくまで、私のイメージですが)「スイーチョン」という感じに鳴き、かなり大きな鳴き声なので、すぐに気がつくことができます。

ハワイ・エレパイオ。これはまだ幼鳥かな?
ハワイ・エレパイオ。これはまだ幼鳥かな?

ハワイ島では、ボルケーノ国立公園内のマウナ・ロア・ロードや、サドル・ロード沿いの森で、エレパイオを見たことがあります。ハワイ島のエレパイオは、ハワイ・エレパイオという種類ですが、ハワイ・エレパオイオは更にボルケーノ・エレパイオ、コナ・エレパイオ、マウナケア・エレパイオの3種類に分類されるそうです。ハワイ・エレパイオは、カウアイ・エレパイオに比べて濃い茶色の羽をしていて、羽にある白い斑点や、喉元にある白い羽がはっきり分かります。マウナ・ロア・ロードを散策していると、すぐ近くでエレパイオを見かけることができました。春は幼鳥を連れているエレパイオも見かけ、エサを与えている様子が微笑ましかったです。

溶岩に囲まれたキプカ
溶岩に囲まれたキプカ

ハワイ島のサドル・ロード沿いには、キプカと呼ばれる森が点在しています。キプカは、噴火の際に流れ出た溶岩で周辺の森が焼き尽くされた際に、燃え残った森です。溶岩によって隔絶されていることから、外来種の植物が入りにくく、ハワイ固有の植物が多く残っています。サドル・ロードの周辺には、キプカが多数あり、植物や野鳥の観察には格好の場所です。ハワイ島でイイヴィを見るなら、サドル・ロード沿いがお薦めですが、エレパイオも何度か見かけました。

ハワイ・エレパイオ、サドル・ロード沿いで撮影
ハワイ・エレパイオ、サドル・ロード沿いで撮影

エレパイオは、縄張り意識の高い鳥らしく、ハイキングをしていると、すぐ近くでじっとこちらを見ているエレパイオに出会うことがあります。サドル・ロードで探鳥をしていた私は、あまり鳥を見ることができない事にちょっと飽きて、録画した鳥のビデオをスマートフォンで見ていました。すると、ビデオの鳥の声に反応したのか、私のすぐ目の前を横切るように、エレパイオが飛んできて、辺りをしきりに見回しだしました。エレパイオはしばらく周囲を見ていましたが、他に鳥がいないことが分かったようで、キプカの奥へと飛んで行ってしまいました。エレパイオを驚かせては気の毒なので、その後は探鳥の際にビデオを見ることはやめています。

エレパイオを見ようhttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/05/160519d.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/05/160519d-150x150.jpgNOPUハワイ日和エレパイオ,ハワイ,固有種,鳥バードウィークがある5月のハワイ日和は、ハワイ固有種の鳥、エレパイオをご紹介します。ハワイ固有種の鳥、というとイイヴィやアパパネなどのミツスイや、ハワイ州の鳥にもなっているネネなどが有名かもしれません。イイヴィやネネは、ハワイの自然を象徴するものとして、写真やイラストでよく目にするので、実際には見たことがないけれど、どんな鳥かは知っているという方が多いのではないでしょうか。でも、エレパイオは?エレパイオってあまり聞かないかも・・・。真っ赤な羽を持つイイヴィやアパパネなどに比べると、エレパイオは地味な印象が否めません。でも実は、私はハワイの鳥の中でも、エレパイオが一推しなのです。 エレパイオは、ハワイミツスイ科のイイヴィやアパパネとは違い、カササギヒタキ科に分類される鳥です。と、言われても、ちょっとピンときませんよね。イイヴィやアパパネは花の蜜を主に食べている鳥ですが、エレパイオは虫を主食にしている鳥です。大きさは、スズメをやや小さくしたくらいで、イイヴィなどが花の蜜を吸いやすいように、細長いクチバシに進化したのに対し、やや太めで短いクチバシをしています。羽の色は茶系で、地味な印象ですが、短めのクチバシと大きな目、ミツスイに比べてふっくらしたフォルムが、とてもかわいい、と私は思っています。 ハワイの人々は、カヌーなどの材料になる木を選ぶときに、エレパイオがいない木を選んだそうです。エレパイオが頻発に訪れる木は、虫が多く、幹は虫喰いがあるかもしれない、というわけですね。虫を食べるエレパイオを、農業を助けてくれるという意味からも、人々は大切にしてきたそうです。しかし、現在ではハワイのミツスイと同様に、エレパイオも絶滅が危ぶまれています。エレパイオはカウアイ・エレパイオ、オアフ・エレパイオ、ハワイ・エレパイオの3種類に大きく分類されますが、そのうちオアフ・エレパイオの生息数はかなり厳しいものとなっているそうです。私も最近、エレパイオをなかなか見つけられずにいます。エレパイオの数や生息地域が減ってきているのではないといいのですが。 以前は、カウアイ島のプウオキラ展望台の付近で、よくエレパイオを見かけました。カウアイにいるのは、カウアイ・エレパイオという種類のエレパイオです。カウアイ・エレパイオは明るい茶系の羽をしていて、オヒア・レフアの幹や枝にとまっていたり、藪の中にいたりしました。エレパイオは、オヒア・レフアやコアによく訪れるそうです。10年ほど前、プウオキラ展望台から、その下にあるカララウ展望台までの道路が、数年間、車両での通行が閉鎖されていました。その頃は、この辺りでアパパネやエレパイオなど、たくさんの鳥を見ることができましたが、現在はあまり見ることはできません。 コケエでは、ハレマヌ・コケエ・トレイルやアラカイ・スワンプ・トレイルでもエレパイオを見たことがあります。特に、ハレマヌ・コケエ・トレイルでは、藪の中でエレパイオが囀っているところによく出会いました。エレパイオは(あくまで、私のイメージですが)「スイーチョン」という感じに鳴き、かなり大きな鳴き声なので、すぐに気がつくことができます。 ハワイ島では、ボルケーノ国立公園内のマウナ・ロア・ロードや、サドル・ロード沿いの森で、エレパイオを見たことがあります。ハワイ島のエレパイオは、ハワイ・エレパイオという種類ですが、ハワイ・エレパオイオは更にボルケーノ・エレパイオ、コナ・エレパイオ、マウナケア・エレパイオの3種類に分類されるそうです。ハワイ・エレパイオは、カウアイ・エレパイオに比べて濃い茶色の羽をしていて、羽にある白い斑点や、喉元にある白い羽がはっきり分かります。マウナ・ロア・ロードを散策していると、すぐ近くでエレパイオを見かけることができました。春は幼鳥を連れているエレパイオも見かけ、エサを与えている様子が微笑ましかったです。 ハワイ島のサドル・ロード沿いには、キプカと呼ばれる森が点在しています。キプカは、噴火の際に流れ出た溶岩で周辺の森が焼き尽くされた際に、燃え残った森です。溶岩によって隔絶されていることから、外来種の植物が入りにくく、ハワイ固有の植物が多く残っています。サドル・ロードの周辺には、キプカが多数あり、植物や野鳥の観察には格好の場所です。ハワイ島でイイヴィを見るなら、サドル・ロード沿いがお薦めですが、エレパイオも何度か見かけました。 エレパイオは、縄張り意識の高い鳥らしく、ハイキングをしていると、すぐ近くでじっとこちらを見ているエレパイオに出会うことがあります。サドル・ロードで探鳥をしていた私は、あまり鳥を見ることができない事にちょっと飽きて、録画した鳥のビデオをスマートフォンで見ていました。すると、ビデオの鳥の声に反応したのか、私のすぐ目の前を横切るように、エレパイオが飛んできて、辺りをしきりに見回しだしました。エレパイオはしばらく周囲を見ていましたが、他に鳥がいないことが分かったようで、キプカの奥へと飛んで行ってしまいました。エレパイオを驚かせては気の毒なので、その後は探鳥の際にビデオを見ることはやめています。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る