ステイ・ホームで家にいることが多かった今年は、断捨離や家の片付けをされた方も、多かったのではないでしょうか。我が家も、クローゼットの整理をしたのですが、驚愕するほど多くのTシャツが、タンスに仕舞い込まれている事実を、改めて認識したのでありました。ということで、年末恒例の、更にゆるめのハワイ日和は、我が家のハワイのTシャツコレクション公開・第三弾です。大変な年となった2020年ですが、今年もハワイ日和を読んで下さって、ありがとうございました。

THE NATURE CONSERVANCY OF HAWAII(※)のTシャツ

カマコウ自然保護区でネイチャー・コンサーバンシーのツアーに参加
カマコウ自然保護区でネイチャー・コンサーバンシーのツアーに参加

※以下「ネイチャー・コンサーバンシー」
ネイチャー・コンサーバンシーは、アメリカ最大の自然保護団体です。だいぶ前になりますが、私はモロカイ島で、ネイチャー・コンサーバンシーが主催する、カマコウ自然保護区のツアーに参加したことがあります。カマコウ自然保護区は、四輪駆動車でなければ行く事ができない悪路の先にある、ハワイの希少な自然が残された場所です。さて、ツアー中からガイドさんたちのTシャツが、気になっていましたが、ツアーの最後にそのTシャツの販売が行われました。やったー!Tシャツの柄は、モロカイ島にあるネイチャー・コンサーバンシーの3つの保護区が、それぞれモチーフになっている3種類(もちろん全種類ゲット)で、写真は未公開になっているペレクヌ保護区がモチーフです。ペレクヌ保護区には、ハワイで最後と言われる、自然のままの川が流れ、ハワイ固有種の魚や淡水カタツムリが生息しています。3枚ともお気に入りのTシャツです。

THE NATURE CONSERVANCY OF HAWAII のTシャツ
THE NATURE CONSERVANCY OF HAWAII のTシャツ

MOLOKAI PIZZA CAFEのTシャツ

MOLOKAI PIZZA CAFE のTシャツ
MOLOKAI PIZZA CAFE のTシャツ

モロカイ島つながりで、モロカイ島で手に入れたTシャツをもう一枚。さて、写真のTシャツは、なにげないモロカイ島のお土産Tシャツにも見えますが、筆記体で「Pizza Cafe」と書かれています。そう、これはモロカイ・ピザ・カフェのTシャツなのです。ハードロック・カフェやフーターズなどの有名店ではない、ハワイの個人経営のお店で、Tシャツをよく買っていました。あまりにも手持ちのTシャツが増えてしまったので、最近はあまり買っていませんが、お店Tシャツはハワイの思い出にもなって、なかなかいいものです。写真はバック・プリント部分ですが、正面側の左胸辺りにはお店の電話番号まで、ばっちりプリントされています。ハワイの他の島でこのTシャツを着ていた時に、フロントプリント部分に、なんとなく視線を感じたのは気のせいでしょうか。

モロカイ島カウナカカイのモロカイ・ピザ・カフェ
モロカイ島カウナカカイのモロカイ・ピザ・カフェ

EGGBERT’SのTシャツ

EGGBERT'S のTシャツ
EGGBERT’S のTシャツ

お店Tシャツつながりで、カウアイ島のオムレツとパンケーキの店、エッグバーツのTシャツです。カウアイ島カパアのココナッツ・マーケットプレイスにあったエッグバーツは、観光客にも人気のダイナーでしたが、残念ながら数年前に閉店した、との話を聞いています。そのエッグバーツのTシャツですが、我が家のTシャツコレクションでも古めの方、そしてインパクトの大きい方です。なぜ卵と牛柄なのか(あ、卵は店名由来ですね)、そして劇画調ともいえる独特なタッチ(お店のメニューに描かれた牛と卵は、もっとかわいい感じでした)、なれなれしく肩を組むパンチパーマ(?)の牛(そもそも卵の肩って)、メイクが濃い卵(濃厚な流し目・・)などなど、見れば見るほど味のあるTシャツでございます。

HANALEI STRINGSのTシャツ

HANALEI STRINGS のTシャツ
HANALEI STRINGS のTシャツ

カウアイ島で買ったお店Tシャツつながりで、ハナレイ・ストリングスのTシャツです。なんとなくエッグバーツのTシャツと対照的ですね。ハナレイ・ストリングスは名前の通り、カウアイ島のハナレイにある楽器店です。ウクレレの取り扱いが豊富で、手染めの毛糸も売っています。Tシャツには、お店のロゴにもなっている、ハナレイ桟橋とウクレレのモチーフが描かれていますが、洗練されている上に、お店の特徴が一目で分かるデザインです。手持ちのお店Tシャツの中でも、秀逸な一枚ではないか、と思います。

Tシャツのモチーフになったハナレイ桟橋
Tシャツのモチーフになったハナレイ桟橋

PUNA MUSIC FESTIVALのTシャツ

PUNA MUSIC FESTIVAL のTシャツ
PUNA MUSIC FESTIVAL のTシャツ

ウクレレつながりで、ハワイ島プナで開催された、プナ・ミュージック・フェスティバルのイベントTシャツです。ハワイで開催される様々なイベントでは、それぞれのイベントTシャツが販売されます。イベントTシャツは、スタッフのユニフォームになったり、売り上げがイベントの開催費用の一部になったりするので、アロハ・フェスティバルのような大きなイベントから、町の小さなお祭りまで、だいたい販売されていて、Tシャツマニアは要チェックです。それにイベントTシャツは、だいたいそのイベント一回限りの販売なので、それを逃すと二度と出会えないかも。まさに一期一会のTシャツなのです。というわけで、我が家には、数多くのイベントTシャツがあります。正直、デザイン的にどうなのか、と思うものもあるのですが、イベントTシャツ、ということで買ってしまったのですね。写真のプナ・ミュージック・フェスティバルのTシャツは、イベントTシャツのなかでは、なかなかカッコイイです。

ハワイ島プナで開催されたプナ・ミュージック・フェスティバル
ハワイ島プナで開催されたプナ・ミュージック・フェスティバル

来年は、Tシャツを買いに、気軽にハワイに行く事ができますように。

Tシャツを買おう!・その3https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/12/hawaibiyori267.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/12/hawaibiyori267-150x150.jpgNOPUハワイ日和Tシャツ,エッグバーツ,カウアイ島,コレクション,ネイチャー・コンサーバンシー,ハナレイ・ストリングス,ハワイ,ハワイ島,プナ・ミュージック・フェスティバル,モロカイ・ピザ・カフェ,モロカイ島ステイ・ホームで家にいることが多かった今年は、断捨離や家の片付けをされた方も、多かったのではないでしょうか。我が家も、クローゼットの整理をしたのですが、驚愕するほど多くのTシャツが、タンスに仕舞い込まれている事実を、改めて認識したのでありました。ということで、年末恒例の、更にゆるめのハワイ日和は、我が家のハワイのTシャツコレクション公開・第三弾です。大変な年となった2020年ですが、今年もハワイ日和を読んで下さって、ありがとうございました。 THE NATURE CONSERVANCY OF HAWAII(※)のTシャツ ※以下「ネイチャー・コンサーバンシー」 ネイチャー・コンサーバンシーは、アメリカ最大の自然保護団体です。だいぶ前になりますが、私はモロカイ島で、ネイチャー・コンサーバンシーが主催する、カマコウ自然保護区のツアーに参加したことがあります。カマコウ自然保護区は、四輪駆動車でなければ行く事ができない悪路の先にある、ハワイの希少な自然が残された場所です。さて、ツアー中からガイドさんたちのTシャツが、気になっていましたが、ツアーの最後にそのTシャツの販売が行われました。やったー!Tシャツの柄は、モロカイ島にあるネイチャー・コンサーバンシーの3つの保護区が、それぞれモチーフになっている3種類(もちろん全種類ゲット)で、写真は未公開になっているペレクヌ保護区がモチーフです。ペレクヌ保護区には、ハワイで最後と言われる、自然のままの川が流れ、ハワイ固有種の魚や淡水カタツムリが生息しています。3枚ともお気に入りのTシャツです。 MOLOKAI PIZZA CAFEのTシャツ モロカイ島つながりで、モロカイ島で手に入れたTシャツをもう一枚。さて、写真のTシャツは、なにげないモロカイ島のお土産Tシャツにも見えますが、筆記体で「Pizza Cafe」と書かれています。そう、これはモロカイ・ピザ・カフェのTシャツなのです。ハードロック・カフェやフーターズなどの有名店ではない、ハワイの個人経営のお店で、Tシャツをよく買っていました。あまりにも手持ちのTシャツが増えてしまったので、最近はあまり買っていませんが、お店Tシャツはハワイの思い出にもなって、なかなかいいものです。写真はバック・プリント部分ですが、正面側の左胸辺りにはお店の電話番号まで、ばっちりプリントされています。ハワイの他の島でこのTシャツを着ていた時に、フロントプリント部分に、なんとなく視線を感じたのは気のせいでしょうか。 EGGBERT’SのTシャツ お店Tシャツつながりで、カウアイ島のオムレツとパンケーキの店、エッグバーツのTシャツです。カウアイ島カパアのココナッツ・マーケットプレイスにあったエッグバーツは、観光客にも人気のダイナーでしたが、残念ながら数年前に閉店した、との話を聞いています。そのエッグバーツのTシャツですが、我が家のTシャツコレクションでも古めの方、そしてインパクトの大きい方です。なぜ卵と牛柄なのか(あ、卵は店名由来ですね)、そして劇画調ともいえる独特なタッチ(お店のメニューに描かれた牛と卵は、もっとかわいい感じでした)、なれなれしく肩を組むパンチパーマ(?)の牛(そもそも卵の肩って)、メイクが濃い卵(濃厚な流し目・・)などなど、見れば見るほど味のあるTシャツでございます。 HANALEI STRINGSのTシャツ カウアイ島で買ったお店Tシャツつながりで、ハナレイ・ストリングスのTシャツです。なんとなくエッグバーツのTシャツと対照的ですね。ハナレイ・ストリングスは名前の通り、カウアイ島のハナレイにある楽器店です。ウクレレの取り扱いが豊富で、手染めの毛糸も売っています。Tシャツには、お店のロゴにもなっている、ハナレイ桟橋とウクレレのモチーフが描かれていますが、洗練されている上に、お店の特徴が一目で分かるデザインです。手持ちのお店Tシャツの中でも、秀逸な一枚ではないか、と思います。 PUNA MUSIC FESTIVALのTシャツ ウクレレつながりで、ハワイ島プナで開催された、プナ・ミュージック・フェスティバルのイベントTシャツです。ハワイで開催される様々なイベントでは、それぞれのイベントTシャツが販売されます。イベントTシャツは、スタッフのユニフォームになったり、売り上げがイベントの開催費用の一部になったりするので、アロハ・フェスティバルのような大きなイベントから、町の小さなお祭りまで、だいたい販売されていて、Tシャツマニアは要チェックです。それにイベントTシャツは、だいたいそのイベント一回限りの販売なので、それを逃すと二度と出会えないかも。まさに一期一会のTシャツなのです。というわけで、我が家には、数多くのイベントTシャツがあります。正直、デザイン的にどうなのか、と思うものもあるのですが、イベントTシャツ、ということで買ってしまったのですね。写真のプナ・ミュージック・フェスティバルのTシャツは、イベントTシャツのなかでは、なかなかカッコイイです。 来年は、Tシャツを買いに、気軽にハワイに行く事ができますように。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る