ただ休憩するだけではなく、カフェで過ごすひと時は、旅のいい思い出になるものです。「ちょっと疲れた」「ドライブで眠くなっちゃった」「オナカが空いた」「とにかくコーヒーが飲みたい」「お店で飼っているネコと遊びたい」・・・短いハワイ滞在でも、わざわざカフェに立ち寄る理由は、無限にあるように思われます。今回は、ネイバーアイランドにある、私の大好きなカフェをご紹介します。

HINA RAE’S CAFE <ハワイ島>

ハワイ島のホノカアは、島の北東にある小さな町です。パステルカラーの古い建物が並ぶメインストリートは、端から端まで歩いても10分ほど。旅の記念になりそうな自分へのお土産を探したり、のんびりランチをとったり、もちろん、ただストリートをぶらぶら歩くのにも、いい町です。そのホノカアに、昨年オープンしたヒナ・ラエズ・カフェは、若い女性オーナーと、そのお母さんとの家族経営のカフェです。お店の名前は、オーナーのお嬢さんたちの名前から付けられたそう。手書きのメニューや、壁に貼られた子供たちの手形、サーバーに入ったレモン入りの水も、カフェの隅々までオーナーの思いが溢れています。

ヒナ・ラエズ・カフェのオーナーとお母さん
ヒナ・ラエズ・カフェのオーナーとお母さん

小さくて、かわいらしくて、そして温かな感じ、ヒナ・ラエズ・カフェは、ホノカアにぴったりの雰囲気を持っています。お店の人気メニューは、アサイーとワッフル。丁寧に作られた、地元の果物たっぷりのアサイーや、クリームが山盛りのワッフルを一口食べれば、誰もがきっと笑顔になってしまうでしょう。ランチ時には、日替わりの定食も提供されるそうです。コーヒーを飲みながら、お店からホノカアの町をぼんやり眺めていると、あまりの居心地のよさに、オシリから根が生えて、立ち上がれなくなってしまいそうでした。

クリームたっぷりのワッフル
クリームたっぷりのワッフル

HINA RAE’S CAFE
45-3610 Mamane St., Honokaa, BIG ISLAND

 

LAULIMA FARM <マウイ島>

キパフルに行くのは大変です。細くてクネクネの道を50kmもドライブして、やっとハナにたどり着いても、キパフルはまだ16kmも先なのです。しかも、道はやっぱり細くてクネクネ、ああ。と、思わずタメイキをついてしまいましたが、そんな万難を排しても行ってみたかったのが、キパフルにあるラウリマ・ファームでした。ラウリマ・ファームは、実はカフェではなく有機農業を行っている農園なのですが、フルーツスタンドがありコーヒーも飲むことができます。

秘密基地のようなラウリマ・ファームのピクニック・テーブル
秘密基地のようなラウリマ・ファームのピクニック・テーブル

ラウリマ・ファームに行ってみたかったのは、スムージーを作るミキサーの動力が、自転車による発電(それもお客さんが自転車をこぐ)、というウワサを聞いたからです。残念なことに、私が訪れた時は、自転車発電のスムージーはありませんでしたが、竹に囲まれた秘密基地のような、かわいいピクニック・テーブルがありました。このピクニック・テーブルに座って、自家焙煎のコーヒーと絶品のマフィンを頂きながら、「長い長いクネクネ道だったけれど、来てよかった」と、しみじみ思ったのでした。フルーツスタンドで販売しているオーガニックの農産物も、種類が豊富でどれもおいしそうです。

絶品の焼きたてマフィン
絶品の焼きたてマフィン

LAULIMA FARM
Kipahulu, MAUI
ハナからキパフルの国立公園を過ぎ、更に1.6kmほど先、ハナ・ハイウェイ沿い。

 

HA COFFEE BAR <カウアイ島>

リフェは、空港や郡庁舎のあるカウアイ島の中心地なのですが、ちょっと休憩しよう、と思った時に、適当な場所がありませんでした。そのリフェに、一息つくのにぴったり、その名も「Ha(ハワイ語で息)」というカフェができました。ハー・コーヒー・バーは、コミュニティの結びつきを大切にしているカフェです。カフェでは、地産のコーヒーや紅茶だけでなく、地元の店が作ったパンなどを提供しています。「Ha」には命や魂という意味もあるのですが、コミュニティに息を吹き込むカフェになりそうですね。

ハー・コーヒー・バーのカウンター
ハー・コーヒー・バーのカウンター

さて、ハー・コーヒー・バーは、かわいいというより、かっこいいカフェです。店内は広く、テーブルとテーブルの間のスペースも広いので、となりの人を気にせずに、ゆっくりコーヒーを楽しむことができそう。もちろん小さな子供もウェルカムなようで、カウンターの横にはおもちゃも用意されていました。出発の飛行機にちょっと時間がある時は、ハー・コーヒー・バーで、おいしいコーヒーを飲みながら、楽しかったカウアイの思い出を振り返るのもいいですね。以前「ハワイのスナック菓子を囲んで」でご紹介した、カウアイ・ロースタリーのコーヒーも、ハー・コーヒー・バーで扱っているので、お土産にぜひどうぞ。

ラテアートもオシャレ
ラテアートもオシャレ

HA COFFEE BAR
4180 Rice St., Lihue, KAUAI

ハワイ日和:かわいいカフェに行こう!https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2015/10/150618b.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2015/10/150618b-150x150.jpgNOPUハワイ日和かわいい,カウアイ島,カフェ,ハワイ島,マウイ島ただ休憩するだけではなく、カフェで過ごすひと時は、旅のいい思い出になるものです。「ちょっと疲れた」「ドライブで眠くなっちゃった」「オナカが空いた」「とにかくコーヒーが飲みたい」「お店で飼っているネコと遊びたい」・・・短いハワイ滞在でも、わざわざカフェに立ち寄る理由は、無限にあるように思われます。今回は、ネイバーアイランドにある、私の大好きなカフェをご紹介します。 HINA RAE’S CAFE <ハワイ島> ハワイ島のホノカアは、島の北東にある小さな町です。パステルカラーの古い建物が並ぶメインストリートは、端から端まで歩いても10分ほど。旅の記念になりそうな自分へのお土産を探したり、のんびりランチをとったり、もちろん、ただストリートをぶらぶら歩くのにも、いい町です。そのホノカアに、昨年オープンしたヒナ・ラエズ・カフェは、若い女性オーナーと、そのお母さんとの家族経営のカフェです。お店の名前は、オーナーのお嬢さんたちの名前から付けられたそう。手書きのメニューや、壁に貼られた子供たちの手形、サーバーに入ったレモン入りの水も、カフェの隅々までオーナーの思いが溢れています。 小さくて、かわいらしくて、そして温かな感じ、ヒナ・ラエズ・カフェは、ホノカアにぴったりの雰囲気を持っています。お店の人気メニューは、アサイーとワッフル。丁寧に作られた、地元の果物たっぷりのアサイーや、クリームが山盛りのワッフルを一口食べれば、誰もがきっと笑顔になってしまうでしょう。ランチ時には、日替わりの定食も提供されるそうです。コーヒーを飲みながら、お店からホノカアの町をぼんやり眺めていると、あまりの居心地のよさに、オシリから根が生えて、立ち上がれなくなってしまいそうでした。 HINA RAE'S CAFE 45-3610 Mamane St., Honokaa, BIG ISLAND   LAULIMA FARM <マウイ島> キパフルに行くのは大変です。細くてクネクネの道を50kmもドライブして、やっとハナにたどり着いても、キパフルはまだ16kmも先なのです。しかも、道はやっぱり細くてクネクネ、ああ。と、思わずタメイキをついてしまいましたが、そんな万難を排しても行ってみたかったのが、キパフルにあるラウリマ・ファームでした。ラウリマ・ファームは、実はカフェではなく有機農業を行っている農園なのですが、フルーツスタンドがありコーヒーも飲むことができます。 ラウリマ・ファームに行ってみたかったのは、スムージーを作るミキサーの動力が、自転車による発電(それもお客さんが自転車をこぐ)、というウワサを聞いたからです。残念なことに、私が訪れた時は、自転車発電のスムージーはありませんでしたが、竹に囲まれた秘密基地のような、かわいいピクニック・テーブルがありました。このピクニック・テーブルに座って、自家焙煎のコーヒーと絶品のマフィンを頂きながら、「長い長いクネクネ道だったけれど、来てよかった」と、しみじみ思ったのでした。フルーツスタンドで販売しているオーガニックの農産物も、種類が豊富でどれもおいしそうです。 LAULIMA FARM Kipahulu, MAUI ハナからキパフルの国立公園を過ぎ、更に1.6kmほど先、ハナ・ハイウェイ沿い。   HA COFFEE BAR <カウアイ島> リフェは、空港や郡庁舎のあるカウアイ島の中心地なのですが、ちょっと休憩しよう、と思った時に、適当な場所がありませんでした。そのリフェに、一息つくのにぴったり、その名も「Ha(ハワイ語で息)」というカフェができました。ハー・コーヒー・バーは、コミュニティの結びつきを大切にしているカフェです。カフェでは、地産のコーヒーや紅茶だけでなく、地元の店が作ったパンなどを提供しています。「Ha」には命や魂という意味もあるのですが、コミュニティに息を吹き込むカフェになりそうですね。 さて、ハー・コーヒー・バーは、かわいいというより、かっこいいカフェです。店内は広く、テーブルとテーブルの間のスペースも広いので、となりの人を気にせずに、ゆっくりコーヒーを楽しむことができそう。もちろん小さな子供もウェルカムなようで、カウンターの横にはおもちゃも用意されていました。出発の飛行機にちょっと時間がある時は、ハー・コーヒー・バーで、おいしいコーヒーを飲みながら、楽しかったカウアイの思い出を振り返るのもいいですね。以前「ハワイのスナック菓子を囲んで」でご紹介した、カウアイ・ロースタリーのコーヒーも、ハー・コーヒー・バーで扱っているので、お土産にぜひどうぞ。 HA COFFEE BAR 4180 Rice St., Lihue, KAUAIハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る