今回のハワイ日和は、マウイ島のクラをご紹介します。ハレアカラの山腹に点在する小さな町々は、アップカントリーと呼ばれています。そのアップカントリーの町の中でも一番奥、ハレアカラ山の麓からハイウェイをどんどん登って行った所にあるのがクラです。クラは場所によっては標高1000mを超える高地にあるので、昼間でも涼しく感じるほど。長袖の上着を持って、クラ観光に出かけましょう!

クラにある、小さなガソリンスタンド
クラにある、小さなガソリンスタンド

ハレアカラ山へ登るハイウェイは、クラの入り口付近で分岐します。この分岐点の辺りはジャカランダの並木道になっていて、イースターの前後に花の見ごろを迎えます。ジャカランダは、南米を原産とする木で、ハワイでは春を告げる花と言われているそうです。藤の花にも似た、薄紫のジャカランダは、花の盛りもきれいですが、紫の絨毯のように、花を散らしているところも美しいと思います。ハレアカラへと駆け抜けてしまいがちな道ですが、花の季節にはジャカランダを楽しみながらドライブするのもいいですね。

ジャカランダが満開のクラ・ハイウェイ
ジャカランダが満開のクラ・ハイウェイ

ジャカランダ以外にも、クラは様々な花が美しい場所です。クラ・ボタニカル・ガーデンや、エンチャンティング・フローラル・ガーデンなど、多くのガーデンもありますが、個人のお宅もガーデニングに力を入れている家が多いようです。ドライブしながらヨコメで見ていても、素晴らしい庭をたくさん見かけます。中でも目を引くのが、大輪のプロテアやピンクッションの花が咲く庭々です。プロテアはアフリカが原産ですが、クラにあるハワイ大学の農業研究所で、初めに栽培されました。今でも研究所ではプロテアの品種改良を研究していて、ハワイのプロテア農家に新種の花を提供しています。研究所のガーデンは一般にも公開されているので、プロテアをご覧になりたい方は、訪れてみてはいかがでしょう。

豪華なプロテアの花
豪華なプロテアの花

アリイ・クラ・ラベンダー・ファームも園芸ファンにはオススメの場所です。急斜面に造られた広いラベンダー畑には、様々な品種のラベンダーが栽培されています。ラベンダーだけではなく、園内のガーデンではプロテアやピンクッション、オリーブやバラなど様々な花を楽しむことができ、観光客にも人気の場所です。ただ、園内は斜面がキツイので、花を見て周るのにもちょっと体力が必要です。ゆっくり、花を楽しみながら歩いたほうがいいかもしれません。ショップでは、ラベンダー入りの石鹸や化粧水など、お土産に欲しい品もたくさんあります。

可憐なラベンダーの花束
可憐なラベンダーの花束

花のきれいなクラですが、高地栽培された野菜や果物も有名です。特に玉ねぎやイチゴは、クラの名前が付くブランド商品になっています。クラ産の野菜や果物は、ファーマーズ・マーケットやマウイ島内のスーパーマーケットでも売られているので、クラ・オニオンを使ってコンドミニアムで料理するのもいいですね。おいしい野菜や果物の産地のクラですが、レストランが少ないのが悩ましいところです。レストランが満席だったり、ランチに長い時間が取れないときもありますよね。そんな時は、テイクアウトして、公園でピクニックするのがオススメです。クラ・カントリー・ファームの向かい(高台)にある、ハロルド・ライス・メモリアル・パークはピクニックにぴったりの公園です。斜面に作られた公園なので、眺めがよく西マウイを一望することができます。クレープ料理で人気のレストラン「ラ・プロヴァンス」が近いので、私はキッシュやペストリーをテイクアウトして、ここで食べたりしています。

素晴らしい景色のハロルド・ライス・メモリアル・パーク
素晴らしい景色のハロルド・ライス・メモリアル・パーク

クラ・ハイウェイをどんどん進むと、周囲は牧草地にと変わります。海を見下ろす、気持ちのいいドライブ・ルートです。草をはんでいるのは、ウルパラクア・ランチの馬や牛でしょうか。19世紀からの歴史を持つウルパラクア・ランチですが、現在はここにあるワイナリーを訪れる人々が多いようです。マウイズ・ワイナリーは、マウイ島産のブドウを使ったワインの醸造所。パイナップルで作ったワインもあり、お土産にするのにもいいですね。ワイナリーは広いガーデンに古い建物が点在していて、ドライブに一息つくのにもいい場所です。カラカウア王の別荘だった建物で、ワインのテイスティングもできますが、運転をされる方は我慢しましょう。

マウイズ・ワイナリーのワイン
マウイズ・ワイナリーのワイン

ウルパラクア・ランチを過ぎると、辺りは荒涼としてきます。カホラヴェ島やモロキニ島を臨むこの辺りの景色は、特に夕方がきれいです。西向きの斜面にあるクラは、夕陽が美しい場所がたくさんあります。先にご紹介したハロルド・ライス・メモリアル・パークも、夕陽がきれいなスポットです。西マウイとラナイ島の間に沈んで行く夕陽を見に、地元の人たちも集まってきます。誰かの車から聞こえる音楽を聞きながら、夕陽を眺めるのもいいものです。

夕陽に映えるモロキニ島
夕陽に映えるモロキニ島
クラへ行こう!<マウイ島>https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/06/160616b.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/06/160616b-150x150.jpgNOPUハワイ日和今回のハワイ日和は、マウイ島のクラをご紹介します。ハレアカラの山腹に点在する小さな町々は、アップカントリーと呼ばれています。そのアップカントリーの町の中でも一番奥、ハレアカラ山の麓からハイウェイをどんどん登って行った所にあるのがクラです。クラは場所によっては標高1000mを超える高地にあるので、昼間でも涼しく感じるほど。長袖の上着を持って、クラ観光に出かけましょう! ハレアカラ山へ登るハイウェイは、クラの入り口付近で分岐します。この分岐点の辺りはジャカランダの並木道になっていて、イースターの前後に花の見ごろを迎えます。ジャカランダは、南米を原産とする木で、ハワイでは春を告げる花と言われているそうです。藤の花にも似た、薄紫のジャカランダは、花の盛りもきれいですが、紫の絨毯のように、花を散らしているところも美しいと思います。ハレアカラへと駆け抜けてしまいがちな道ですが、花の季節にはジャカランダを楽しみながらドライブするのもいいですね。 ジャカランダ以外にも、クラは様々な花が美しい場所です。クラ・ボタニカル・ガーデンや、エンチャンティング・フローラル・ガーデンなど、多くのガーデンもありますが、個人のお宅もガーデニングに力を入れている家が多いようです。ドライブしながらヨコメで見ていても、素晴らしい庭をたくさん見かけます。中でも目を引くのが、大輪のプロテアやピンクッションの花が咲く庭々です。プロテアはアフリカが原産ですが、クラにあるハワイ大学の農業研究所で、初めに栽培されました。今でも研究所ではプロテアの品種改良を研究していて、ハワイのプロテア農家に新種の花を提供しています。研究所のガーデンは一般にも公開されているので、プロテアをご覧になりたい方は、訪れてみてはいかがでしょう。 アリイ・クラ・ラベンダー・ファームも園芸ファンにはオススメの場所です。急斜面に造られた広いラベンダー畑には、様々な品種のラベンダーが栽培されています。ラベンダーだけではなく、園内のガーデンではプロテアやピンクッション、オリーブやバラなど様々な花を楽しむことができ、観光客にも人気の場所です。ただ、園内は斜面がキツイので、花を見て周るのにもちょっと体力が必要です。ゆっくり、花を楽しみながら歩いたほうがいいかもしれません。ショップでは、ラベンダー入りの石鹸や化粧水など、お土産に欲しい品もたくさんあります。 花のきれいなクラですが、高地栽培された野菜や果物も有名です。特に玉ねぎやイチゴは、クラの名前が付くブランド商品になっています。クラ産の野菜や果物は、ファーマーズ・マーケットやマウイ島内のスーパーマーケットでも売られているので、クラ・オニオンを使ってコンドミニアムで料理するのもいいですね。おいしい野菜や果物の産地のクラですが、レストランが少ないのが悩ましいところです。レストランが満席だったり、ランチに長い時間が取れないときもありますよね。そんな時は、テイクアウトして、公園でピクニックするのがオススメです。クラ・カントリー・ファームの向かい(高台)にある、ハロルド・ライス・メモリアル・パークはピクニックにぴったりの公園です。斜面に作られた公園なので、眺めがよく西マウイを一望することができます。クレープ料理で人気のレストラン「ラ・プロヴァンス」が近いので、私はキッシュやペストリーをテイクアウトして、ここで食べたりしています。 クラ・ハイウェイをどんどん進むと、周囲は牧草地にと変わります。海を見下ろす、気持ちのいいドライブ・ルートです。草をはんでいるのは、ウルパラクア・ランチの馬や牛でしょうか。19世紀からの歴史を持つウルパラクア・ランチですが、現在はここにあるワイナリーを訪れる人々が多いようです。マウイズ・ワイナリーは、マウイ島産のブドウを使ったワインの醸造所。パイナップルで作ったワインもあり、お土産にするのにもいいですね。ワイナリーは広いガーデンに古い建物が点在していて、ドライブに一息つくのにもいい場所です。カラカウア王の別荘だった建物で、ワインのテイスティングもできますが、運転をされる方は我慢しましょう。 ウルパラクア・ランチを過ぎると、辺りは荒涼としてきます。カホラヴェ島やモロキニ島を臨むこの辺りの景色は、特に夕方がきれいです。西向きの斜面にあるクラは、夕陽が美しい場所がたくさんあります。先にご紹介したハロルド・ライス・メモリアル・パークも、夕陽がきれいなスポットです。西マウイとラナイ島の間に沈んで行く夕陽を見に、地元の人たちも集まってきます。誰かの車から聞こえる音楽を聞きながら、夕陽を眺めるのもいいものです。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る