ハワイの果物は、何が好きですか?  私はパイナップル、それも果肉が白いシュガーローフ・パイナップルが大好きです。今回は、とてもおいしいシュガーローフ・パイナップルをご紹介します。

普通のパイナップルとシュガーローフ・パイナップルは、どこが違うのでしょう。大きな違いの一つは、シュガーローフ・パイナップルは、果肉がクリーム色をしていることです。この果肉の色から、ホワイト・パイナップルと、呼ばれることもあります。もう一つの違いは、普通のパイナップルでは硬くて食べられない芯も、果肉同様に食べられることです。パイナップル特有のえぐみもなく、爽やかな酸味と甘さのバランスがよく、味が濃いのにさっぱりしていて、一度食べたら忘れられません。ちょっと絶賛しすぎ、と思われるかもしれませんが、私だけではなく、シュガーローフ・パイナップルを食べた友人たちは、みんなこのパイナップルのファンになってしまった、魅惑のパイナップルなのです。

ハワイでも珍しいシュガーローフ・パイナップル
ハワイでも珍しいシュガーローフ・パイナップル

でも、なかなかシュガーローフ・パイナップルは手に入りません。ハワイでも、シュガーローフ・パイナップルを栽培している農園はごくわずかだからです。そのシュガーローフ・パイナップルをカウアイ島で栽培している、ポールさんとジュードさんの農園を訪ねることができました。お二人の農園があるのは、カウアイ島の北東部、モロアア。海を見下ろすパイナップル畑からは、モロアアのランドマークである「キング・コングの横顔」というニックネームを持つ山が見えます。お日様が大好きなパイナップルには、昼夜の寒暖の差が大きく、乾いた土地がいいそう。カウアイ島は雨が多いことで有名ですが、モロアアはカウアイ島の中では雨があまり降らず、パイナップルを育てるのにはいい場所だそうです。

モロアアにあるポールさんとジュードさんのパイナップル畑
モロアアにあるポールさんとジュードさんのパイナップル畑

鋭く長い葉の真ん中から出た、茎の先に丸く集まってパイナップルの花は咲きます。薄紫の小さくかわいい花です。この丸い花の集まりが、パイナップルになるのですね。パイナップルの花は、ハチドリによって受粉され、種ができます。でも種ができたパイナップルは、品質が落ちて商品になりません。ハワイにはハチドリがいないため、種ができる心配はありませんが、種ができないならどうやってパイナップルを増やすのでしょう。パイナップルは、摘心した腋芽を育てて増やします。そして、その腋芽からパイナップルが生るまで、なんと1年半から2年もかかるそうです。

シュガーローフ・パイナップルのかわいい紫の花
シュガーローフ・パイナップルのかわいい紫の花

パイナップルを育てるのには時間がかかりますが、手間もかかるよう。ポールさんとジュードさんの畑では、大切にパイナップルが育てられています。日が当たりすぎる場所では実に新聞紙が巻かれ、大きく育った実は支柱を立てて倒れないようにしてありました。収穫した後の株からも、パイナップルの実を育てることはできますが、だんだん小さな実しか育たなくなってしまいます。お二人の畑では、新しい株から収穫しているため、大きな実が育つそうです。でも、常に新しい株を育てるのは大変なことでしょう。うーん、大事に食べないと、と改めて思いました。

高く茂ったパイナップル畑とジュードさん
高く茂ったパイナップル畑とジュードさん

パイナップルは、実を茎から折るようにして収穫します。ジュードさんに教えて頂いて、パイナップルを収穫させて頂きましたが、パキッ、と小気味にのよい音をたててパイナップルがもげました。その場でジュードさんが切り分けて、試食させてくださいます。今まで畑にあったシュガーローフ・パイナップルは、それはもう、みずみずしくておいしい! もちろん芯まで食べられますが、収穫から時間が経ったものに比べて、芯部分がサクサクした感じがします。とてもジューシーなのですが、実がしっかりしているのでベタベタ水分がおちる感じが、あまりしません。ああ、いくらでも食べられそう。

とりたてのシュガーローフ・パイナップルを試食
とりたてのシュガーローフ・パイナップルを試食

パイナップルは皮が黄色いものが熟している、と思っていたのですが、表皮の四角い網目が大きくふくらんだ時が食べごろだそうです。黄色い部分は日が当たって色が変わった部分で、皮が緑だから甘くない、ということではありません。皮が緑のシュガーローフ・パイナップルを「まだ熟していない」と、皮が黄色くなるまで待っていると、味が落ちてしまいます。パイナップルは追熟はしないので、すぐに食べない時は、冷蔵庫に入れたほうがいいそうです。

見た目もかわいい、おいしいドライ・シュガーローフ・パイナップル
見た目もかわいい、おいしいドライ・シュガーローフ・パイナップル

大きいパイナップルを買ってしまって食べきれないぞ、という時はドライ・パイナップルにしてみるのもいいかも。農園を手伝われている方の奥様から、お手製のドライ・シュガーローフ・パイナップルを頂いたのですが、これまた素晴らしくおいしかったです。花のような形もかわいいドライ・シュガーローフ・パイナップルの凝縮した甘みと酸味は、いままで食べたことがありません。作り方は、皮をむいて5mm位の厚さに切って、2、3日干すだけ、ということでしたが、ホントに? 何かヒミツのレシピがあるのでは? と疑ってしまうほど、おいしい。パイナップルが余りそうな時は、作ってみたいなあ、でも大きくてもシュガーローフ・パイナップルは、すぐに全部食べちゃうんだなあ・・・。

クリーミーな出来立てシュガーローフ・パイナップルのジェラード
クリーミーな出来立てシュガーローフ・パイナップルのジェラード

同じくらいおいしいのが、シュガーローフ・パイナップルのジェラートです。冷凍したパイナップルをジューサーで潰しただけの100%シュガーローフ・パイナップルのジェラートは、これまた、何かヒミツのレシピが? と思うほどおいしい。ふんわりしたジェラードは、滑らかで口どけが優しく、生のシュガーローフ・パイナップルとはまた違った味わいです。後味のいい上品な甘さですが、しっかりした味で水っぽさは全くありません。ドライフルーツは自分で作らなくてはいけませんが、ジェラートはカウアイ・コミュニティ・カレッジで開催されるファーマーズ・マーケットで販売されています。

ファーマーズ・マーケットのシュガーローフ・パイナップルの店舗。日本語ができるスタッフさんもいました。カット済みのパイナップルもありますよ
ファーマーズ・マーケットのシュガーローフ・パイナップルの店舗。日本語ができるスタッフさんもいました。カット済みのパイナップルもありますよ

ジェラートだけではなく、もちろんシュガーローフ・パイナップルも買うことができます。ポールさんとジュードさんの作ったシュガーローフ・パイナップルが手に入るのは、カウアイ島で開催されるククイウラとカウアイ・コミュニティ・カレッジのファーマーズ・マーケットです。どちらのファーマーズ・マーケットでも、シュガーローフ・パイナップルは大人気なので、ぜひ食べたい! という方は、ファーマーズ・マーケットの開始時間すぐに買いに行くか、予約することをおすすめします。パイナップルのなかには、畑で育つうちに、皮が弾けてしまうものもあるのですが、お土産用に皮の弾けていないものも予約できる(収穫状況でできない時もあり)そうです。

お土産用・・・そう、パイナップルは日本に持ち帰ることができます(<注>参照)。手荷物にして、空港の植物検疫所の簡易検査を受ければ大丈夫です。持ち帰る時には、葉っぱ部分を取り除いて、ハワイ滞在中は傷まないように冷蔵庫に入れておいた方がいいと思います。シュガーローフ・パイナップルのお土産は、ご家族にきっと喜ばれることでしょう。もちろんハワイを恋しく思いながら、自分で食べちゃってもいいですよね。カウアイ島に行って、シュガーローフ・パイナップルをぜひ食べてみてください。

<注>2017年現在、ハワイ産のパイナップルは持ち帰れますが、検疫の規制は変わることがあるようです。詳しくは植物防疫所のホームページを参考にしてください。
http://www.maff.go.jp/pps/j/search/ikuni/ush.html

<ポールさんとジュードさんの農園のホームページ>
https://kauaisugarloaf.com

<ポールさんとジュードさんのシュガーローフ・パイナップルが買えるファーマーズ・マーケット>
KUKUI’ULA
2700 Ke Alaula St., Koloa, KAUAI(毎週水曜日の15:30より)

KAUAI COMMUNITY COLLEGE
3-1901 Kaumualii Hwy, Lihue, KAUAI (毎週土曜日の9:30より)

シュガーローフ・パイナップルを食べよう!https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/06/255hawaiibiyori.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2017/06/255hawaiibiyori-150x150.jpgNOPUハワイ日和カウアイ島,シュガーローフ,パイナップル,モロアアハワイの果物は、何が好きですか?  私はパイナップル、それも果肉が白いシュガーローフ・パイナップルが大好きです。今回は、とてもおいしいシュガーローフ・パイナップルをご紹介します。 普通のパイナップルとシュガーローフ・パイナップルは、どこが違うのでしょう。大きな違いの一つは、シュガーローフ・パイナップルは、果肉がクリーム色をしていることです。この果肉の色から、ホワイト・パイナップルと、呼ばれることもあります。もう一つの違いは、普通のパイナップルでは硬くて食べられない芯も、果肉同様に食べられることです。パイナップル特有のえぐみもなく、爽やかな酸味と甘さのバランスがよく、味が濃いのにさっぱりしていて、一度食べたら忘れられません。ちょっと絶賛しすぎ、と思われるかもしれませんが、私だけではなく、シュガーローフ・パイナップルを食べた友人たちは、みんなこのパイナップルのファンになってしまった、魅惑のパイナップルなのです。 でも、なかなかシュガーローフ・パイナップルは手に入りません。ハワイでも、シュガーローフ・パイナップルを栽培している農園はごくわずかだからです。そのシュガーローフ・パイナップルをカウアイ島で栽培している、ポールさんとジュードさんの農園を訪ねることができました。お二人の農園があるのは、カウアイ島の北東部、モロアア。海を見下ろすパイナップル畑からは、モロアアのランドマークである「キング・コングの横顔」というニックネームを持つ山が見えます。お日様が大好きなパイナップルには、昼夜の寒暖の差が大きく、乾いた土地がいいそう。カウアイ島は雨が多いことで有名ですが、モロアアはカウアイ島の中では雨があまり降らず、パイナップルを育てるのにはいい場所だそうです。 鋭く長い葉の真ん中から出た、茎の先に丸く集まってパイナップルの花は咲きます。薄紫の小さくかわいい花です。この丸い花の集まりが、パイナップルになるのですね。パイナップルの花は、ハチドリによって受粉され、種ができます。でも種ができたパイナップルは、品質が落ちて商品になりません。ハワイにはハチドリがいないため、種ができる心配はありませんが、種ができないならどうやってパイナップルを増やすのでしょう。パイナップルは、摘心した腋芽を育てて増やします。そして、その腋芽からパイナップルが生るまで、なんと1年半から2年もかかるそうです。 パイナップルを育てるのには時間がかかりますが、手間もかかるよう。ポールさんとジュードさんの畑では、大切にパイナップルが育てられています。日が当たりすぎる場所では実に新聞紙が巻かれ、大きく育った実は支柱を立てて倒れないようにしてありました。収穫した後の株からも、パイナップルの実を育てることはできますが、だんだん小さな実しか育たなくなってしまいます。お二人の畑では、新しい株から収穫しているため、大きな実が育つそうです。でも、常に新しい株を育てるのは大変なことでしょう。うーん、大事に食べないと、と改めて思いました。 パイナップルは、実を茎から折るようにして収穫します。ジュードさんに教えて頂いて、パイナップルを収穫させて頂きましたが、パキッ、と小気味にのよい音をたててパイナップルがもげました。その場でジュードさんが切り分けて、試食させてくださいます。今まで畑にあったシュガーローフ・パイナップルは、それはもう、みずみずしくておいしい! もちろん芯まで食べられますが、収穫から時間が経ったものに比べて、芯部分がサクサクした感じがします。とてもジューシーなのですが、実がしっかりしているのでベタベタ水分がおちる感じが、あまりしません。ああ、いくらでも食べられそう。 パイナップルは皮が黄色いものが熟している、と思っていたのですが、表皮の四角い網目が大きくふくらんだ時が食べごろだそうです。黄色い部分は日が当たって色が変わった部分で、皮が緑だから甘くない、ということではありません。皮が緑のシュガーローフ・パイナップルを「まだ熟していない」と、皮が黄色くなるまで待っていると、味が落ちてしまいます。パイナップルは追熟はしないので、すぐに食べない時は、冷蔵庫に入れたほうがいいそうです。 大きいパイナップルを買ってしまって食べきれないぞ、という時はドライ・パイナップルにしてみるのもいいかも。農園を手伝われている方の奥様から、お手製のドライ・シュガーローフ・パイナップルを頂いたのですが、これまた素晴らしくおいしかったです。花のような形もかわいいドライ・シュガーローフ・パイナップルの凝縮した甘みと酸味は、いままで食べたことがありません。作り方は、皮をむいて5mm位の厚さに切って、2、3日干すだけ、ということでしたが、ホントに? 何かヒミツのレシピがあるのでは? と疑ってしまうほど、おいしい。パイナップルが余りそうな時は、作ってみたいなあ、でも大きくてもシュガーローフ・パイナップルは、すぐに全部食べちゃうんだなあ・・・。 同じくらいおいしいのが、シュガーローフ・パイナップルのジェラートです。冷凍したパイナップルをジューサーで潰しただけの100%シュガーローフ・パイナップルのジェラートは、これまた、何かヒミツのレシピが? と思うほどおいしい。ふんわりしたジェラードは、滑らかで口どけが優しく、生のシュガーローフ・パイナップルとはまた違った味わいです。後味のいい上品な甘さですが、しっかりした味で水っぽさは全くありません。ドライフルーツは自分で作らなくてはいけませんが、ジェラートはカウアイ・コミュニティ・カレッジで開催されるファーマーズ・マーケットで販売されています。 ジェラートだけではなく、もちろんシュガーローフ・パイナップルも買うことができます。ポールさんとジュードさんの作ったシュガーローフ・パイナップルが手に入るのは、カウアイ島で開催されるククイウラとカウアイ・コミュニティ・カレッジのファーマーズ・マーケットです。どちらのファーマーズ・マーケットでも、シュガーローフ・パイナップルは大人気なので、ぜひ食べたい! という方は、ファーマーズ・マーケットの開始時間すぐに買いに行くか、予約することをおすすめします。パイナップルのなかには、畑で育つうちに、皮が弾けてしまうものもあるのですが、お土産用に皮の弾けていないものも予約できる(収穫状況でできない時もあり)そうです。 お土産用・・・そう、パイナップルは日本に持ち帰ることができます(<注>参照)。手荷物にして、空港の植物検疫所の簡易検査を受ければ大丈夫です。持ち帰る時には、葉っぱ部分を取り除いて、ハワイ滞在中は傷まないように冷蔵庫に入れておいた方がいいと思います。シュガーローフ・パイナップルのお土産は、ご家族にきっと喜ばれることでしょう。もちろんハワイを恋しく思いながら、自分で食べちゃってもいいですよね。カウアイ島に行って、シュガーローフ・パイナップルをぜひ食べてみてください。 <注>2017年現在、ハワイ産のパイナップルは持ち帰れますが、検疫の規制は変わることがあるようです。詳しくは植物防疫所のホームページを参考にしてください。 http://www.maff.go.jp/pps/j/search/ikuni/ush.html <ポールさんとジュードさんの農園のホームページ> https://kauaisugarloaf.com <ポールさんとジュードさんのシュガーローフ・パイナップルが買えるファーマーズ・マーケット> KUKUI’ULA 2700 Ke Alaula St., Koloa, KAUAI(毎週水曜日の15:30より) KAUAI COMMUNITY COLLEGE 3-1901 Kaumualii Hwy, Lihue, KAUAI (毎週土曜日の9:30より)ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る