今年最後のカウアイ日記になりました。

ふり返るまでもなく、
ほんとうに変化、変化、変化の今年一年でしたね。
そして今もまだ、状況は変化し続けていますね。

一年の終わりに、少しだけこの一年を振り返ってみる …
ということをする人もいるかと思いますが、
今年に限っては、
「この一年で、今までと変わらなかったことはなんだろう」と
数えた方が早そうな勢いでした。

私自身にとって大きかったのは、
ここ何年間か、暮らしのサイクルになっていた「旅」が暮らしの中から抜けたこと。
去年11月に日本を出てからは、ずっとカウアイ島に、しかも2月以降はその時間のほとんどを家で過ごした日々。
来年の3月頃には日本に行けるかなぁと思っていたのが、去年の12月。
そして一年が経ったいま、同じように、
「来年の3月には日本に行けるかなぁ」と思い、ん~ムリかなぁと思ってもいます。

仕事も私生活も大きく変わった日々。
2月にシェルターから仔犬をもらったことでも暮らしは変わりました。
ものごとはどの角度から見るかによって、
また受け取り方によって、
その感触や体感は変わるかと思います。
少なくとも、この変化が私の暮らしに運んできてくれた 、
“ 向き合う “という作業は、私にとってはとても有意義なものになったと思っています。

朝のウォーキングは、スリーピングトレイルへ続くトレイルからスタート。 だんだんと朝の寒さが増して、太陽が昇る時間も遅くなり、 増してくる、ぐずぐずっ気を払いのける日々です
朝のウォーキングは、スリーピングトレイルへ続くトレイルからスタート。だんだんと朝の寒さが増して、太陽が昇る時間も遅くなり、増してくる、ぐずぐずっ気を払いのける日々です

約20年間、フラを学ぶことを暮らしのかなり中心近くに置いてきて、
多くの時間とエネルギーをそこに投入してきました。
そういう時間を改めて見つめてみたり、
これからどういう風に関わっていきたいかを考えてみたりすることもできたと思います。
走っている時間の中では、なかなかじっくり考えられない、いろいろなことと向き合えたような気がします。
その点において、満足しています。
私は向き合わないの。と断言した友人がいますが、
向き合わないまま、向き合わなかった結果の未来を迎えることに苦手感のある私は、
ここにはかなり時間を費やして平気なタチのようです。
※向き合わない人はそれはそれでまったくOKだと思っています。
批判の言葉ではないので誤解のないようにお願いします!

向き合う対象は、”自分自身”ということになりますが、
とくに、ステイホーム期間中はその時間も取りやすく、
心理学やカラダに関する本をたくさん読むこともできました。
運動やある程度の量の本を読むことが日常の習慣として戻ってきたこと。

最近はいちだんと虹が架かることが多くなりました。 これは朝、キッチンの窓から見た大きく半円を描く虹
最近はいちだんと虹が架かることが多くなりました。これは朝、キッチンの窓から見た大きく半円を描く虹

その結果、
以前よりも24時間があっという間に過ぎていく日々を送っています。

それから、カウアイ島が持つ美しい自然をゆっくり堪能できる日々であったように思います。
アクティブなスポーツで得るような、スピーディなものではなくて、
歩く速度で感じる自然のエレメンツたち …
何気に吹く風や、空を流れる雲や、まいにち表情を変える朝陽や夕陽。午後の日射し。
月の満ち欠け、星の移動、季節の花々とフルーツや食べもの。
旅が多い暮らしの中で見落としがちだった、
それぞれの月の、たくさんの島のエッセンスとじっくり触れ合えた時間になりました。

あらためて、自然はゆっくり歩く速度で眺めるのがいいなぁと思います。

こんな風に書いていられるのはきっと、この島に住んでいる恩恵なのだと思います。
新型コロナウィルスで感染したり、生活が経済的に困窮したり、
大変な思いをされた、今もその最中にある方も多いかと思います。

Don’t take what you have for grunted ….
あなたの手の中にあるものは “ あたりまえ “ じゃぁ、ない。

この言葉をかみしめ、「ありがとう」の気持ちをひしひしと抱く日々でもありました。

暮らし方も、働き方も、これからどんどん変わっていきますね。
変わっていくことを柔軟に受けとめて、
さらには変化を楽しめるようにいられるためにできること。
そこを全力で楽しんでゆきたいなぁと思います。

夕方、我が家の背後に架かった虹。毎日ほどに見ても、あきることなくワクワクさせて くれる虹のパワー、なんだかスゴイなぁと思います
夕方、我が家の背後に架かった虹。毎日ほどに見ても、あきることなくワクワクさせて くれる虹のパワー、なんだかスゴイなぁと思います

たくさんの差別や偏見が少しでも減りますように。
動物や植物、自然、いろいろないのちが守られていきますように。
ニンゲン以外のいのちやシアワセも考える社会にシフトしますように。

どうぞみなさんも窮屈さに心身をゆだねることなく、笑って日々を過ごされていますように。
このページで言葉を通じてみなさんと繋がれる時間が少しでも長く続きますように。

カウアイより、心からのアロハを込めて。

※墨アートなるものを描いてインスタグラムに投稿しています。
アカウント名 minori_kauai
インスタをされている方、よかったらのぞいて見てください。

手の中にあるものは、” あたりまえ “ じゃぁ、ない。https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/12/kauainikki267.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/12/kauainikki267-150x150.jpgミノリ エヴァンスカウアイ日記カウアイ島,ステイホーム,フラ,自然今年最後のカウアイ日記になりました。 ふり返るまでもなく、 ほんとうに変化、変化、変化の今年一年でしたね。 そして今もまだ、状況は変化し続けていますね。 一年の終わりに、少しだけこの一年を振り返ってみる … ということをする人もいるかと思いますが、 今年に限っては、 「この一年で、今までと変わらなかったことはなんだろう」と 数えた方が早そうな勢いでした。 私自身にとって大きかったのは、 ここ何年間か、暮らしのサイクルになっていた「旅」が暮らしの中から抜けたこと。 去年11月に日本を出てからは、ずっとカウアイ島に、しかも2月以降はその時間のほとんどを家で過ごした日々。 来年の3月頃には日本に行けるかなぁと思っていたのが、去年の12月。 そして一年が経ったいま、同じように、 「来年の3月には日本に行けるかなぁ」と思い、ん~ムリかなぁと思ってもいます。 仕事も私生活も大きく変わった日々。 2月にシェルターから仔犬をもらったことでも暮らしは変わりました。 ものごとはどの角度から見るかによって、 また受け取り方によって、 その感触や体感は変わるかと思います。 少なくとも、この変化が私の暮らしに運んできてくれた 、 “ 向き合う “という作業は、私にとってはとても有意義なものになったと思っています。 約20年間、フラを学ぶことを暮らしのかなり中心近くに置いてきて、 多くの時間とエネルギーをそこに投入してきました。 そういう時間を改めて見つめてみたり、 これからどういう風に関わっていきたいかを考えてみたりすることもできたと思います。 走っている時間の中では、なかなかじっくり考えられない、いろいろなことと向き合えたような気がします。 その点において、満足しています。 私は向き合わないの。と断言した友人がいますが、 向き合わないまま、向き合わなかった結果の未来を迎えることに苦手感のある私は、 ここにはかなり時間を費やして平気なタチのようです。 ※向き合わない人はそれはそれでまったくOKだと思っています。 批判の言葉ではないので誤解のないようにお願いします! 向き合う対象は、”自分自身”ということになりますが、 とくに、ステイホーム期間中はその時間も取りやすく、 心理学やカラダに関する本をたくさん読むこともできました。 運動やある程度の量の本を読むことが日常の習慣として戻ってきたこと。 その結果、 以前よりも24時間があっという間に過ぎていく日々を送っています。 それから、カウアイ島が持つ美しい自然をゆっくり堪能できる日々であったように思います。 アクティブなスポーツで得るような、スピーディなものではなくて、 歩く速度で感じる自然のエレメンツたち … 何気に吹く風や、空を流れる雲や、まいにち表情を変える朝陽や夕陽。午後の日射し。 月の満ち欠け、星の移動、季節の花々とフルーツや食べもの。 旅が多い暮らしの中で見落としがちだった、 それぞれの月の、たくさんの島のエッセンスとじっくり触れ合えた時間になりました。 あらためて、自然はゆっくり歩く速度で眺めるのがいいなぁと思います。 こんな風に書いていられるのはきっと、この島に住んでいる恩恵なのだと思います。 新型コロナウィルスで感染したり、生活が経済的に困窮したり、 大変な思いをされた、今もその最中にある方も多いかと思います。 Don’t take what you have for grunted …. あなたの手の中にあるものは “ あたりまえ “ じゃぁ、ない。 この言葉をかみしめ、「ありがとう」の気持ちをひしひしと抱く日々でもありました。 暮らし方も、働き方も、これからどんどん変わっていきますね。 変わっていくことを柔軟に受けとめて、 さらには変化を楽しめるようにいられるためにできること。 そこを全力で楽しんでゆきたいなぁと思います。 たくさんの差別や偏見が少しでも減りますように。 動物や植物、自然、いろいろないのちが守られていきますように。 ニンゲン以外のいのちやシアワセも考える社会にシフトしますように。 どうぞみなさんも窮屈さに心身をゆだねることなく、笑って日々を過ごされていますように。 このページで言葉を通じてみなさんと繋がれる時間が少しでも長く続きますように。 カウアイより、心からのアロハを込めて。 ※墨アートなるものを描いてインスタグラムに投稿しています。 アカウント名 minori_kauai インスタをされている方、よかったらのぞいて見てください。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る