ハワイを代表する樹木のひとつにココヤシがあります。ココヤシを含むヤシ科の仲間は世界の熱帯と亜熱帯を中心に2500以上もの種が分布し、ハワイ諸島にはかつてそのうちの250種がありました。今日でも100種ほどのココヤシが見られます。

実をつけたココヤシ

 

常夏の島ではどこでも見かけるココヤシですが、ココヤシが太平洋諸島に広く行き渡ったのは、固い実と、何層もの殻(果皮)に覆われていること、そして水に浮いて長距離の移動に耐えるためです。しかし、実(ココナッツ)が漂着して安定した土壌に埋まり、さらに成長するためには、いくつもの偶然的な要素が重ならなければなりません。その確率はとても低いため、無人島にあるココヤシであっても、人が植えた可能性が高いと説く学者もいます。

発芽にいたるまでの過程はそれほど簡単ではありません。どれほど陸に近くても海面では発芽できず、砂地には定着しません。仮に発芽して成長しても子孫を残すことはほとんどできません。たとえばココヤシは雌雄同株ですが、花の咲く時期が異なるため、滅多に受粉することがないからです。複数のココナッツが漂着し、安定した土壌に乗り、それらが成長するためには、いくつもの偶然が重なる必要があるということです。

ココナッツの外皮とその内側にある繊維層

ハワイで最初のココヤシはポリネシア人が持ちこみました。ココヤシはハワイ名をニウと言います。ハワイにはタヒチやマルケサスから到来したとされていますが、ニウ という名称はサモアやトンガで用いられることばで、タヒチではツム・ハアリ、マルケサスではエヒと呼ばれます。どのような経緯でニウと呼ばれるようになったのかは不明です。

ポリネシア人はココヤシを持ちこんだのは、花や葉、実、幹のすべてが利用できる有用な植物だったためです。それゆえ、ココヤシはハワイの文化に深く関わりました。ココナッツの内部にある液状の胚乳は飲み物代わりになりました。ただし、実は完熟すると、胚乳は液状から固形(コプラ)に変化します。固形の胚乳を絞ったものやフレーク状にしたものは、食材として用いられたほか、船乗りが髪や体に塗って体温低下を防ぐことに用いられました。

 

ココナッツの内部。白い部分は胚乳

外側の殻のすぐ内側にある繊維(中果皮)は焚きつけやロープ、タワシとなり、開花前の花軸を切ったときに出る樹液は、そのまま飲めば甘いジュースに、発酵させればヤシ酒となりました、幹は建材やカヌー、楽器、食器などに、葉は屋根を葺いたり、籠などの編み細工に用いられました。葉の茎のようにみえる部分(中肋)は箒に用いたり、松明の支柱に用いられました。

ポリネシア人によってハワイに持ちこまれたココヤシには大きく2つに分かれます。ひとつは「ニウ・ヒヴァ」と呼ばれるもので、外果皮が暗緑色しており、内果皮は黒色です。これは儀式や薬用、食用に用いられました。もうひとつは「ニウ・レロ」と呼ばれるもので、外果皮は赤茶色で、内果皮は黄色です。こちらは建材や燃料、食用など、儀式と薬用以外の一般的な目的に用いられました。今日でも胚乳を乾燥させたコプラから採れる油は、化粧品や石鹸の原材料として用いられます。

 

1本のココヤシからは1年に40~80個の果実を収獲できるので、ほぼ1週間に1個の割合で実が落ちる計算になります。水分の多い若い果実を採集するには、木に登るか、道具を使って落とすしかありません。採集の際は、幹に丈夫なヒモを回して両端を左右 の足首に結び、足の裏で幹を挟むようにして登ります。また、果実は引っ張らず、回転させてもぎ取ります。

花はまとまって咲き、その集合体(花序)は 1.2~1.8mほどです。最初に雄花が、次に雌花が咲きます。実(ココナッツ)は楕円形で、内果皮の基部付近に3つの孔があります。この孔がサルに似ていることから、ポルトガル語でココス(サル)の名がつきました。ハワイでは街路樹や、海岸の植栽としてよく用いられます。ココヤシは海岸に植林されることが多く、おおよそ8m間隔で植えられます。成長後、毎年100個前後の実(長径25~30cm)を、50年に渡ってつけます。

ココナッツの内皮にある黒い斑点

ハワイ名:Niu
学名:Cocos nucifera ヤシ科ココヤシ属
英名:Coconut Palm
和名:ココヤシ
原産地:メラネシア / 伝統植物(カヌープランツ)
特徴:樹高:12~30m。花は集合花で、1.2~1.8m。最初に雄花が、次に雌花が咲きます。成長すると20~30mになります。羽状の葉(1.8~4.5m)は黄色みを帯びた緑色で光沢があり、成長すると4mほどになります。この葉は年に10枚ほどつき、古いものは落葉します。このとき幹に葉痕と呼ばれる環状のスジが入ります。葉は1年に4枚落葉するので、葉痕を数えるとヤシの木のおおよその樹齢がわかります。

実(ココナッツ)は楕円形で、内果皮の基部付近に3つの孔ができます。この孔がサルの顔に似ていることから、ポルトガル語でココス(サル)の名がつきました。ハワイでは街路樹や、海岸の植栽としてよく用いられます。ココヤシは海岸に植林されることが多いですが、根の張り方と養分摂取の関係で、おおよそ7~8mの間隔を空けて植えられます。

新版 ハワイアン・ガーデン 楽園ハワイの植物図鑑
大幅に増補改訂した新版のハワイ植物図鑑です。詳細は「アロハブックシェルフ」で

※ココヤシを含むハワイの主要な植物全637種を解説した『新版 ハワイアン・ガーデン』を刊行しました。 アロハブックシェルフ をに書評がありますので、併せてお読みください。

ココヤシ(ニウ)https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2019/07/818B0093.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2019/07/818B0093-150x150.jpg近藤純夫特集ココナッツ,ココヤシ,ニウ,ヤシの木,ヤシ科ハワイを代表する樹木のひとつにココヤシがあります。ココヤシを含むヤシ科の仲間は世界の熱帯と亜熱帯を中心に2500以上もの種が分布し、ハワイ諸島にはかつてそのうちの250種がありました。今日でも100種ほどのココヤシが見られます。   常夏の島ではどこでも見かけるココヤシですが、ココヤシが太平洋諸島に広く行き渡ったのは、固い実と、何層もの殻(果皮)に覆われていること、そして水に浮いて長距離の移動に耐えるためです。しかし、実(ココナッツ)が漂着して安定した土壌に埋まり、さらに成長するためには、いくつもの偶然的な要素が重ならなければなりません。その確率はとても低いため、無人島にあるココヤシであっても、人が植えた可能性が高いと説く学者もいます。 発芽にいたるまでの過程はそれほど簡単ではありません。どれほど陸に近くても海面では発芽できず、砂地には定着しません。仮に発芽して成長しても子孫を残すことはほとんどできません。たとえばココヤシは雌雄同株ですが、花の咲く時期が異なるため、滅多に受粉することがないからです。複数のココナッツが漂着し、安定した土壌に乗り、それらが成長するためには、いくつもの偶然が重なる必要があるということです。 ハワイで最初のココヤシはポリネシア人が持ちこみました。ココヤシはハワイ名をニウと言います。ハワイにはタヒチやマルケサスから到来したとされていますが、ニウ という名称はサモアやトンガで用いられることばで、タヒチではツム・ハアリ、マルケサスではエヒと呼ばれます。どのような経緯でニウと呼ばれるようになったのかは不明です。 ポリネシア人はココヤシを持ちこんだのは、花や葉、実、幹のすべてが利用できる有用な植物だったためです。それゆえ、ココヤシはハワイの文化に深く関わりました。ココナッツの内部にある液状の胚乳は飲み物代わりになりました。ただし、実は完熟すると、胚乳は液状から固形(コプラ)に変化します。固形の胚乳を絞ったものやフレーク状にしたものは、食材として用いられたほか、船乗りが髪や体に塗って体温低下を防ぐことに用いられました。   外側の殻のすぐ内側にある繊維(中果皮)は焚きつけやロープ、タワシとなり、開花前の花軸を切ったときに出る樹液は、そのまま飲めば甘いジュースに、発酵させればヤシ酒となりました、幹は建材やカヌー、楽器、食器などに、葉は屋根を葺いたり、籠などの編み細工に用いられました。葉の茎のようにみえる部分(中肋)は箒に用いたり、松明の支柱に用いられました。 ポリネシア人によってハワイに持ちこまれたココヤシには大きく2つに分かれます。ひとつは「ニウ・ヒヴァ」と呼ばれるもので、外果皮が暗緑色しており、内果皮は黒色です。これは儀式や薬用、食用に用いられました。もうひとつは「ニウ・レロ」と呼ばれるもので、外果皮は赤茶色で、内果皮は黄色です。こちらは建材や燃料、食用など、儀式と薬用以外の一般的な目的に用いられました。今日でも胚乳を乾燥させたコプラから採れる油は、化粧品や石鹸の原材料として用いられます。   1本のココヤシからは1年に40~80個の果実を収獲できるので、ほぼ1週間に1個の割合で実が落ちる計算になります。水分の多い若い果実を採集するには、木に登るか、道具を使って落とすしかありません。採集の際は、幹に丈夫なヒモを回して両端を左右 の足首に結び、足の裏で幹を挟むようにして登ります。また、果実は引っ張らず、回転させてもぎ取ります。 花はまとまって咲き、その集合体(花序)は 1.2~1.8mほどです。最初に雄花が、次に雌花が咲きます。実(ココナッツ)は楕円形で、内果皮の基部付近に3つの孔があります。この孔がサルに似ていることから、ポルトガル語でココス(サル)の名がつきました。ハワイでは街路樹や、海岸の植栽としてよく用いられます。ココヤシは海岸に植林されることが多く、おおよそ8m間隔で植えられます。成長後、毎年100個前後の実(長径25~30cm)を、50年に渡ってつけます。 ハワイ名:Niu 学名:Cocos nucifera ヤシ科ココヤシ属 英名:Coconut Palm 和名:ココヤシ 原産地:メラネシア / 伝統植物(カヌープランツ) 特徴:樹高:12~30m。花は集合花で、1.2~1.8m。最初に雄花が、次に雌花が咲きます。成長すると20~30mになります。羽状の葉(1.8~4.5m)は黄色みを帯びた緑色で光沢があり、成長すると4mほどになります。この葉は年に10枚ほどつき、古いものは落葉します。このとき幹に葉痕と呼ばれる環状のスジが入ります。葉は1年に4枚落葉するので、葉痕を数えるとヤシの木のおおよその樹齢がわかります。 実(ココナッツ)は楕円形で、内果皮の基部付近に3つの孔ができます。この孔がサルの顔に似ていることから、ポルトガル語でココス(サル)の名がつきました。ハワイでは街路樹や、海岸の植栽としてよく用いられます。ココヤシは海岸に植林されることが多いですが、根の張り方と養分摂取の関係で、おおよそ7~8mの間隔を空けて植えられます。 ※ココヤシを含むハワイの主要な植物全637種を解説した『新版 ハワイアン・ガーデン』を刊行しました。 アロハブックシェルフ をに書評がありますので、併せてお読みください。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る