ハワイは虹の州と呼ばれます。鮮やかで大きな虹がよく現れるためです。なぜハワイの虹は特別なのでしょうか?

それにはしっかりとした理由があります。ひとつは雨粒が大きめであること。ハワイを訪れる貿易風は広い太平洋を渡って到来します。その間、海の上では気流の変化が比較的おきにくいため、水滴は多くなりやすいのです。わたしたちが見る色は光の色です。光はすべてがまとまると透明に見えますが、プリズムの実験でおなじみのように、屈折するとさまざまな色が現れます。このとき、大きなプリズムほど濃く鮮やかな色が現れます。ハワイの虹がひときわ鮮やかに見えるのは錯覚ではなく、実際に鮮やかなのです。

ハナレイの虹(カウアイ島)
ハナレイの虹(カウアイ島)

ハワイでは二重の虹もよく見られます。メインの虹を主虹、その上に薄く架かっている虹を副虹と言います。副虹は主虹と色が対称(色の順序が逆)になります。水滴のなかで一度反射してできたものが主虹ですが、二度反射したもの(副虹)も虹を作ります。私たちの目には見えないだけで、虹は最初に外側、その反射を受けて3番目の虹を主虹の内側に、さらに4番目、5番目と、無限に反射を繰り返します。もちろん、反射を繰り返すほど光は拡散し、肉眼では捉えられなくなります。主虹が濃く鮮やであるほど、副虹も見やすくなるので、ハワイではダブルレインボーも普通に見られます。

カナハ・ポンドに架かる虹(マウイ島)
カナハ・ポンドに架かる虹(マウイ島)

ハワイの虹の、ふたつ目の特徴は、気象条件に恵まれていることです。虹は雨が降らないと出ませんが、曇り空では見えません。日本がそうであるように、雨上がりにすぐ晴れることはあまりありません。晴れた頃には大気中の水分が蒸発し、虹が出る要素が失われてしまうのです。これに対し、ハワイでは天気の変化が早く、雨が降ってもすぐその後に晴れることがあるので、虹が出現しやすいのです。

3つ目の特徴は、視界が遠くまで開けている場所が多く、きれいな半円形の虹を見る機会が多いことです。虹は、見る人の背後に太陽があり、その光がおよそ42度の角度で差し込むと、目の前の大気が湿気を帯びていると出現します。また、見る角度によってさまざまな形をつくります。たとえば上空から虹を見ると、円を描いているように見えたり、大地に虹を敷き詰めたようにもなります。天空の高い地点にあると虹はできにくいので、早朝や夕暮れの少し前、または冬場によく見られます。

ロコワカ・ポンドのダブルレインボー(ハワイ島)
ロコワカ・ポンドのダブルレインボー(ハワイ島)

虹の物語

虹はハワイ語で「アオ・アクア」または「アーヌエヌエ」と呼ばれます。断片的な虹は「オーノヒ」と呼ばれるほか、形や色合でさまざまな名前があります。ハワイの伝統文化では、虹は神々や王たちの徴(しるし)とされました。虹は高貴で神聖なものであるという考えから、多くの神話が創られてきたのです。

そのひとつに虹を創ったメネフネの話があります。雨後の空を美しく飾り立てるため、メネフネと呼ばれる妖精が、ハワイの植物から樹液を集め、空に放って虹を出現させたというものです。われわれ日本人は虹と言えば七色とされますが、ハワイでは六色しかありません。虹の数は地域によって異なり、アフリカの一部の伝統文化では四色しかないところもあります。

日暈・太陽にかかる淡い虹(カウアイ島)
日暈・太陽にかかる淡い虹(カウアイ島)

ハワイの四大神のひとりにロノという農耕を司る神がいます。ニュージーランドのマオリ族の神話によれば、ロノは空の神ランギと地の女神パパから生まれた神で、ハワイでは雲や雷、あるいは虹の姿を借りてこの世に現れると信じられました。雲、雷、虹は、いずれも気象現象で、大地に雨をもたらし肥沃にするからです。

こんな話もあります。かつてオアフ島のワイアナエ山系にマカハという首長がいました。彼は漁が上手で、その噂はマノア渓谷に住むケアヌエヌエという女神にまで届きました。彼女はマカハの偉業を称え、マノアからワイアナエに至る壮大なダブル・レインボーを架けました。マカハ本人はもとより、この地に住む人々は美しい虹に感謝し、そこにヘイアウ(神殿)を建ててケアヌエヌエを称えようとしました。しかし女神はこれを辞退し、逆にマカハの偉業を称えて自分の住む土地にマカハという名を付けたとされます。

キラウエア・カルデラを貫く虹(ハワイ島)
キラウエア・カルデラを貫く虹(ハワイ島)

ハワイの神話に数多く登場するヒナという女神がいます。ハワイ島のヒロに流れるワイルク川には、レインボー・フォールズという滝が架かり、そこにヒナは住んでいるとされます。彼女は、ハワイの四大神の妻であったり、日没を司る女神であったりします。ヒナは神の妻の象徴であり、伝統社会における人々の守護神のような役割を果たしました。そんな彼女には、虹に関わる次のような話があります。

ヒナはアイカナカという人間と結婚して暮らしていましたが、夫は働かずに文句を言うだけでした。すっかりそんな生活に嫌気が差していたヒナは、あるとき夜に架かる虹(ナイト・レインボー)に出会います。人間は虹を登ることができませんが、神はできます。そこで彼女は虹を登って生まれ育った月へ戻ろうとしますが、傾きが急で登れませんでした。ヒナは、もっと緩やかな傾斜の虹が出現するのを来る日も来る日も待ち続けました。そしてついにある日、理想のナイト・レインボーが出現します。彼女はそっと家を出て虹にたどり着き、少しずつ登りはじめます。しかしそれに気づいたアイカナカが追ってきてヒナの足首を捕まえました。彼女は必死でその手を振りほどき、ついに月にたどり着きます。彼女は末永く幸せに暮らしました。満月のときには、夫から逃げるときに痛めた足をさするヒナの姿が見えると言います。

ハワイごよみ365日
ハワイごよみ365日

『ハワイごよみ365日』(誠文堂新光社)近藤純夫著
カバーに使った虹をはじめ、ハワイのさまざまな日々を綴りました。

虹の形https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/06/MG_1092.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/06/MG_1092-150x150.jpg近藤純夫特集アオアクア,アーヌエヌエ,レインボー,水滴,虹,虹の州ハワイは虹の州と呼ばれます。鮮やかで大きな虹がよく現れるためです。なぜハワイの虹は特別なのでしょうか? それにはしっかりとした理由があります。ひとつは雨粒が大きめであること。ハワイを訪れる貿易風は広い太平洋を渡って到来します。その間、海の上では気流の変化が比較的おきにくいため、水滴は多くなりやすいのです。わたしたちが見る色は光の色です。光はすべてがまとまると透明に見えますが、プリズムの実験でおなじみのように、屈折するとさまざまな色が現れます。このとき、大きなプリズムほど濃く鮮やかな色が現れます。ハワイの虹がひときわ鮮やかに見えるのは錯覚ではなく、実際に鮮やかなのです。 ハワイでは二重の虹もよく見られます。メインの虹を主虹、その上に薄く架かっている虹を副虹と言います。副虹は主虹と色が対称(色の順序が逆)になります。水滴のなかで一度反射してできたものが主虹ですが、二度反射したもの(副虹)も虹を作ります。私たちの目には見えないだけで、虹は最初に外側、その反射を受けて3番目の虹を主虹の内側に、さらに4番目、5番目と、無限に反射を繰り返します。もちろん、反射を繰り返すほど光は拡散し、肉眼では捉えられなくなります。主虹が濃く鮮やであるほど、副虹も見やすくなるので、ハワイではダブルレインボーも普通に見られます。 ハワイの虹の、ふたつ目の特徴は、気象条件に恵まれていることです。虹は雨が降らないと出ませんが、曇り空では見えません。日本がそうであるように、雨上がりにすぐ晴れることはあまりありません。晴れた頃には大気中の水分が蒸発し、虹が出る要素が失われてしまうのです。これに対し、ハワイでは天気の変化が早く、雨が降ってもすぐその後に晴れることがあるので、虹が出現しやすいのです。 3つ目の特徴は、視界が遠くまで開けている場所が多く、きれいな半円形の虹を見る機会が多いことです。虹は、見る人の背後に太陽があり、その光がおよそ42度の角度で差し込むと、目の前の大気が湿気を帯びていると出現します。また、見る角度によってさまざまな形をつくります。たとえば上空から虹を見ると、円を描いているように見えたり、大地に虹を敷き詰めたようにもなります。天空の高い地点にあると虹はできにくいので、早朝や夕暮れの少し前、または冬場によく見られます。 虹の物語 虹はハワイ語で「アオ・アクア」または「アーヌエヌエ」と呼ばれます。断片的な虹は「オーノヒ」と呼ばれるほか、形や色合でさまざまな名前があります。ハワイの伝統文化では、虹は神々や王たちの徴(しるし)とされました。虹は高貴で神聖なものであるという考えから、多くの神話が創られてきたのです。 そのひとつに虹を創ったメネフネの話があります。雨後の空を美しく飾り立てるため、メネフネと呼ばれる妖精が、ハワイの植物から樹液を集め、空に放って虹を出現させたというものです。われわれ日本人は虹と言えば七色とされますが、ハワイでは六色しかありません。虹の数は地域によって異なり、アフリカの一部の伝統文化では四色しかないところもあります。 ハワイの四大神のひとりにロノという農耕を司る神がいます。ニュージーランドのマオリ族の神話によれば、ロノは空の神ランギと地の女神パパから生まれた神で、ハワイでは雲や雷、あるいは虹の姿を借りてこの世に現れると信じられました。雲、雷、虹は、いずれも気象現象で、大地に雨をもたらし肥沃にするからです。 こんな話もあります。かつてオアフ島のワイアナエ山系にマカハという首長がいました。彼は漁が上手で、その噂はマノア渓谷に住むケアヌエヌエという女神にまで届きました。彼女はマカハの偉業を称え、マノアからワイアナエに至る壮大なダブル・レインボーを架けました。マカハ本人はもとより、この地に住む人々は美しい虹に感謝し、そこにヘイアウ(神殿)を建ててケアヌエヌエを称えようとしました。しかし女神はこれを辞退し、逆にマカハの偉業を称えて自分の住む土地にマカハという名を付けたとされます。 ハワイの神話に数多く登場するヒナという女神がいます。ハワイ島のヒロに流れるワイルク川には、レインボー・フォールズという滝が架かり、そこにヒナは住んでいるとされます。彼女は、ハワイの四大神の妻であったり、日没を司る女神であったりします。ヒナは神の妻の象徴であり、伝統社会における人々の守護神のような役割を果たしました。そんな彼女には、虹に関わる次のような話があります。 ヒナはアイカナカという人間と結婚して暮らしていましたが、夫は働かずに文句を言うだけでした。すっかりそんな生活に嫌気が差していたヒナは、あるとき夜に架かる虹(ナイト・レインボー)に出会います。人間は虹を登ることができませんが、神はできます。そこで彼女は虹を登って生まれ育った月へ戻ろうとしますが、傾きが急で登れませんでした。ヒナは、もっと緩やかな傾斜の虹が出現するのを来る日も来る日も待ち続けました。そしてついにある日、理想のナイト・レインボーが出現します。彼女はそっと家を出て虹にたどり着き、少しずつ登りはじめます。しかしそれに気づいたアイカナカが追ってきてヒナの足首を捕まえました。彼女は必死でその手を振りほどき、ついに月にたどり着きます。彼女は末永く幸せに暮らしました。満月のときには、夫から逃げるときに痛めた足をさするヒナの姿が見えると言います。 『ハワイごよみ365日』(誠文堂新光社)近藤純夫著 カバーに使った虹をはじめ、ハワイのさまざまな日々を綴りました。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る