かつてタロイモ(カロ)やサツマイモとともに主食として食べられていたもののひとつにパンノキ(ウル)があります。ハワイ諸島には百を超える品種があり、今日でも一部ではありますが、日常の主食として食べる習慣が残されています。

パンノキの実と葉
パンノキの実と葉

パンノキはクワ科パンノキ属の植物で、フィリピンとパプアニューギニアの間に位置するモルッカ諸島の原産です。ポリネシア地域だけでなく、古くから太平洋の広い地域で主食として用いられてきました。学名を Artocarpus altilis と言います。これはギリシア語でパンを意味する”artos”と、果実を意味する”karpos”の合成語です。また”altilis”には「よく肥えている」の意味があります。英名はBreadfruit、和名はパンノキと言います。ハワイ名は”‘ulu”ですが、サモアでも”ulu”、パンノキが食文化で重要な位置を占めたマルケサス諸島やタヒチでは”uru”と呼ばれます。

樹高は12m~18mほどで、まれに30mを越す巨木もあります。穂状の花(花穂)は雄花(15-25cm)と雌花(8-10cm)に分かれており、同一の木に咲きます。切れ込みの入った光沢のある葉は成長すると50~60cmもの大きさになります。果実は10cm~25cmほどで、枝先に2~3個ずつつきます。外観が似ているジャックフルーツもパンノキの仲間です。

パンノキの実と雄花(手前)
パンノキの実と雄花(手前)

パンノキは太平洋諸島に広がる過程で多くの交雑種が誕生し、今日、ハワイで見られるものも、原産国のものとはいくぶん性格が異なります。熟した果実は緑色のものもありますが、ふつうは黄色やオレンジ色となります。また、トゲ状の表皮をもつものや、枝豆を巨大にしたような形状のものもあります。熟すとわずかに甘い香りが漂います。パンノキは内部に種子のあるもの(タネパンノキ)と種子がほとんどないもの(タネナシパンノキ)に大きく分かれますが、後者が圧倒的に多く分布します。サモアやソロモン諸島では主に前者が、ハワイやタヒチでは後者が、フィジーでは両方が見られます。

パンノキは有用植物としてポリネシア人がハワイに持ちこんだ植物のひとつです。デンプン質の果実は水分があり、どちらかというとパンよりサツマイモに似ています。最大 5kg 近くになる実は、ひとつで成人男性1日分のカロリーと栄養をまかなえると言われます。成木には 300 個ほどの実をつけるため、1本のパンノキがあれば一生をまかなえるとも言われました。

生長すると10メートルを超える
生長すると10メートルを超える

幹から取れる白い乳液はゴム質で、皮膚病や化膿止めなどの治療に用いられたほか、カヌーのコーキング剤として用いられました。パンノキにはウルという人物が登場するポリネシア神話があり、彼は自らをパンノキに変え、飢饉を終わらせたと言われます。

太平洋諸島のパンノキと欧州との結びつきは古く、イギリスではジョセフ・バンクスが、キャプテン・クックの第3次航海(※クックはこのときハワイ島のケアラケクア湾で住人に殺害されました)に同行したウイリアム・ブライをタヒチに向かわせ、船員用の食糧としてパンノキの可能性を探りました。1788年、バウンティ号という船でタヒチに赴いたブライは、半年ほどここに滞在し、パンノキをはじめとする何種かの有用植物を積んで母国へ戻ろうとしますが、タヒチでの素晴らしい暮らしを忘れることができなかった乗員たちが反乱を起こし、船を乗っ取ってしまうという事件(バウンティ号の反乱)が起きました。船長は小さなボートに乗せられて追放されてしまったのです。この事件は当時の母国に伝わり大きな話題を呼びました。そのせいでパンノキの魅力はさらに増したのです。ブライはその後、1791年に再びタヒチに赴き、当初の使命を果たしますが、この頃にはすでにフランス人によってパンノキの栽培が行われていた上、パンノキよりもバナナの効能が注目されはじめたため、彼の努力は期待されほどの成果を挙げることはできませんでした。

タネナシの実
タネナシの実

パンノキの果実はさまざまな形で調理されます。煮る、焼く、油で揚げるという方法がありますが、伝統的には果実を割ってから地面を掘って小石を並べたあとに火を熾し、焼けた石の上に果実を置きます。その後、バナナやタコノキの葉で覆ってから水を注ぎ、発生する水蒸気で蒸します。このような調理法をイムと呼びました。あるいは単に穴に埋め、バナナの葉などで覆ったあと、再び土をかけて発酵させてから食べるという方法もあります。後者は長期保存に耐えます。この状態のものと、焼いたパンノキの実を混ぜ合わせてこねてポイにしたものを、ココナッツミルクに浸して食べる方法もありますが、ハワイではあまり行われていないようです。

今日ではマウイ島のカハヌ・ガーデンでもっとも多くの品種を見ることができます。

パンノキ(ウル)https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/02/818B0055.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2020/02/818B0055-150x150.jpg近藤純夫特集ウル,パンノキ,パンノキの実かつてタロイモ(カロ)やサツマイモとともに主食として食べられていたもののひとつにパンノキ(ウル)があります。ハワイ諸島には百を超える品種があり、今日でも一部ではありますが、日常の主食として食べる習慣が残されています。 パンノキはクワ科パンノキ属の植物で、フィリピンとパプアニューギニアの間に位置するモルッカ諸島の原産です。ポリネシア地域だけでなく、古くから太平洋の広い地域で主食として用いられてきました。学名を Artocarpus altilis と言います。これはギリシア語でパンを意味する'artos'と、果実を意味する'karpos'の合成語です。また'altilis'には「よく肥えている」の意味があります。英名はBreadfruit、和名はパンノキと言います。ハワイ名は'‘ulu'ですが、サモアでも'ulu'、パンノキが食文化で重要な位置を占めたマルケサス諸島やタヒチでは'uru'と呼ばれます。 樹高は12m~18mほどで、まれに30mを越す巨木もあります。穂状の花(花穂)は雄花(15-25cm)と雌花(8-10cm)に分かれており、同一の木に咲きます。切れ込みの入った光沢のある葉は成長すると50~60cmもの大きさになります。果実は10cm~25cmほどで、枝先に2~3個ずつつきます。外観が似ているジャックフルーツもパンノキの仲間です。 パンノキは太平洋諸島に広がる過程で多くの交雑種が誕生し、今日、ハワイで見られるものも、原産国のものとはいくぶん性格が異なります。熟した果実は緑色のものもありますが、ふつうは黄色やオレンジ色となります。また、トゲ状の表皮をもつものや、枝豆を巨大にしたような形状のものもあります。熟すとわずかに甘い香りが漂います。パンノキは内部に種子のあるもの(タネパンノキ)と種子がほとんどないもの(タネナシパンノキ)に大きく分かれますが、後者が圧倒的に多く分布します。サモアやソロモン諸島では主に前者が、ハワイやタヒチでは後者が、フィジーでは両方が見られます。 パンノキは有用植物としてポリネシア人がハワイに持ちこんだ植物のひとつです。デンプン質の果実は水分があり、どちらかというとパンよりサツマイモに似ています。最大 5kg 近くになる実は、ひとつで成人男性1日分のカロリーと栄養をまかなえると言われます。成木には 300 個ほどの実をつけるため、1本のパンノキがあれば一生をまかなえるとも言われました。 幹から取れる白い乳液はゴム質で、皮膚病や化膿止めなどの治療に用いられたほか、カヌーのコーキング剤として用いられました。パンノキにはウルという人物が登場するポリネシア神話があり、彼は自らをパンノキに変え、飢饉を終わらせたと言われます。 太平洋諸島のパンノキと欧州との結びつきは古く、イギリスではジョセフ・バンクスが、キャプテン・クックの第3次航海(※クックはこのときハワイ島のケアラケクア湾で住人に殺害されました)に同行したウイリアム・ブライをタヒチに向かわせ、船員用の食糧としてパンノキの可能性を探りました。1788年、バウンティ号という船でタヒチに赴いたブライは、半年ほどここに滞在し、パンノキをはじめとする何種かの有用植物を積んで母国へ戻ろうとしますが、タヒチでの素晴らしい暮らしを忘れることができなかった乗員たちが反乱を起こし、船を乗っ取ってしまうという事件(バウンティ号の反乱)が起きました。船長は小さなボートに乗せられて追放されてしまったのです。この事件は当時の母国に伝わり大きな話題を呼びました。そのせいでパンノキの魅力はさらに増したのです。ブライはその後、1791年に再びタヒチに赴き、当初の使命を果たしますが、この頃にはすでにフランス人によってパンノキの栽培が行われていた上、パンノキよりもバナナの効能が注目されはじめたため、彼の努力は期待されほどの成果を挙げることはできませんでした。 パンノキの果実はさまざまな形で調理されます。煮る、焼く、油で揚げるという方法がありますが、伝統的には果実を割ってから地面を掘って小石を並べたあとに火を熾し、焼けた石の上に果実を置きます。その後、バナナやタコノキの葉で覆ってから水を注ぎ、発生する水蒸気で蒸します。このような調理法をイムと呼びました。あるいは単に穴に埋め、バナナの葉などで覆ったあと、再び土をかけて発酵させてから食べるという方法もあります。後者は長期保存に耐えます。この状態のものと、焼いたパンノキの実を混ぜ合わせてこねてポイにしたものを、ココナッツミルクに浸して食べる方法もありますが、ハワイではあまり行われていないようです。 今日ではマウイ島のカハヌ・ガーデンでもっとも多くの品種を見ることができます。ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る