logo_thelocomoco朝食で有名なレストランといえば、いつもエッグスンシングスが思い浮かびます。でも、ワイキキにあって駐車場の問題があるので、ローカルの人たちはあまり行きません。ですので、初めてこのレストランのフランチャイズ店が日本に進出して原宿にオープンした時、興奮しました。でも入るのに長い行列という現実もわかっていました。数年前に日本でパンケーキがブームになった時のことです。そういうこともあって、銀座に都内3号店ができたと聞くまで、あまり行こう、という気持ちになりませんでした。そしてメニューにロコモコがあると知って、このフランチャイズ店がどのくらい正統派なのか見てみよう、と思いました。銀座店には行列がない・・・嬉しい喜びでした。Wow。いいレビューの素晴らしい始まりです。

The Loco Moco - Eggs 'n Things Ginza場所
このレストランはコンテンプラリーなハワイアンカフェというコンセプトで、カジュアルなリビングルームの雰囲気を醸し出すアクセントを使っています。通常のダイニングテーブルやソファー席、コミュニティのような席と席の間がゆったりと空間を取って設置されています。店内席と、暖かい時期にいいテラス席があります。長い列をなして待っている人がいないので、リラックスした快適な雰囲気です。

サービスと厨房
スタッフの多くは若くて、気配りと素早いサービスのトレーニングを受けているようです。そして英語のメニューも用意されています。注文後、料理は素早く提供されます。そしてちゃんと適切な香辛料―― タバスコ―― もありました。

料理
さて、エッグスンシングスのロコモコは、このレストランのほかの朝食メニューほど知られていません。でもロコモコは本来(そして時として好ましい)朝食メニューなので、ちょうど合うはずです。浅い皿に盛られて提供されたロコモコは、基本的な盛り付けで、とても良かったです。でもひとつだけ違うところが…..バターの香りがしました。ふむ。

The Loco Moco - Eggs 'n Things Ginzaサニーサイドアップの卵は2個、型に入れてバターで焼かれています。今までにこの焼き方で食べたことがないので興味深いです。サプライズ! その効果があるようです。朝食には卵をバターで焼きますし、ロコモコでもいいですよね。卵は完璧でしたが、何か調味料を使ってもよかったかもしれません。

パテは味がよかったんですが、あらかじめ作られたもので、表面のパリッとした焼きがありませんでした。さらに100%ビーフではありませんでした。でも、よくできていて、僕は気になりませんでした。

グレイビーは濃い色味のデミグラスでした。一から作ってないのかもしれませんが、及第点をあげられるくらいリッチなソースです。日本でロコモコを食べる度、大抵デミグラスソースがせっかくのロコモコを台無しにしてしまいます。残念なことに、卵を焼くのに使ったバターとデミグラスソースがロコモコをとてもヘビーでアンバランスなものにしてしまいました。そのヘビーさとバランスを取るために、マック・サラダ(マカロニ・サラダ)が添えられていればよかったんですが。このヘビーさにはタバスコでも太刀打ちできず、単に問題を更に追加してしまいました。

The Loco Moco - Eggs 'n Things Ginza評決
また銀座までわざわざ食べに行くか? いいえ。このレストランに行った時に、またロコモコを注文するか? たぶん、いいえ。とてもよくできていますが、もしエッグスンシングスがマック・サラダをどう作るか考えついたら、それはきっととってもいいロコモコになるでしょう。料理は1100円以上しますが、コーヒーなどともとてもマッチするレストランの雰囲気を楽しむためだと考えられます。マック・サラダが付くまでは、このレストランが有名になった オムレツやパンケーキなどを注文することにします。

The Loco Moco - Eggs 'n Things Ginza僕のエッグスンシングスのロコモコの評価:

良い点
1. 卵が2つ
2. ちょうどいい量

悪い点
1. 卵を焼くのにバターがたくさん使われている
2. 卵を焼くのに型を使っていて、調味料が使われていない――かわいすぎる
3. パテが100%ビーフではなく、焼き色がついていなかった
4. マック・サラダが付いていない

総評

サービス: 4eggs
盛り付け: 3eggs
味: 3eggs
値段: 2eggs

住所: 東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ4階(銀座店)
phone icon 03-6264-4949 url icon www.eggsnthingsjapan.com

EGGS ‘N THINGS 銀座店https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/02/image05.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2016/02/image05-150x150.jpgザ・ロコモコザ・ロコモコFOOD,ハワイ料理,ロコモコ,東京朝食で有名なレストランといえば、いつもエッグスンシングスが思い浮かびます。でも、ワイキキにあって駐車場の問題があるので、ローカルの人たちはあまり行きません。ですので、初めてこのレストランのフランチャイズ店が日本に進出して原宿にオープンした時、興奮しました。でも入るのに長い行列という現実もわかっていました。数年前に日本でパンケーキがブームになった時のことです。そういうこともあって、銀座に都内3号店ができたと聞くまで、あまり行こう、という気持ちになりませんでした。そしてメニューにロコモコがあると知って、このフランチャイズ店がどのくらい正統派なのか見てみよう、と思いました。銀座店には行列がない・・・嬉しい喜びでした。Wow。いいレビューの素晴らしい始まりです。 場所 このレストランはコンテンプラリーなハワイアンカフェというコンセプトで、カジュアルなリビングルームの雰囲気を醸し出すアクセントを使っています。通常のダイニングテーブルやソファー席、コミュニティのような席と席の間がゆったりと空間を取って設置されています。店内席と、暖かい時期にいいテラス席があります。長い列をなして待っている人がいないので、リラックスした快適な雰囲気です。 サービスと厨房 スタッフの多くは若くて、気配りと素早いサービスのトレーニングを受けているようです。そして英語のメニューも用意されています。注文後、料理は素早く提供されます。そしてちゃんと適切な香辛料―― タバスコ―― もありました。 料理 さて、エッグスンシングスのロコモコは、このレストランのほかの朝食メニューほど知られていません。でもロコモコは本来(そして時として好ましい)朝食メニューなので、ちょうど合うはずです。浅い皿に盛られて提供されたロコモコは、基本的な盛り付けで、とても良かったです。でもひとつだけ違うところが…..バターの香りがしました。ふむ。 サニーサイドアップの卵は2個、型に入れてバターで焼かれています。今までにこの焼き方で食べたことがないので興味深いです。サプライズ! その効果があるようです。朝食には卵をバターで焼きますし、ロコモコでもいいですよね。卵は完璧でしたが、何か調味料を使ってもよかったかもしれません。 パテは味がよかったんですが、あらかじめ作られたもので、表面のパリッとした焼きがありませんでした。さらに100%ビーフではありませんでした。でも、よくできていて、僕は気になりませんでした。 グレイビーは濃い色味のデミグラスでした。一から作ってないのかもしれませんが、及第点をあげられるくらいリッチなソースです。日本でロコモコを食べる度、大抵デミグラスソースがせっかくのロコモコを台無しにしてしまいます。残念なことに、卵を焼くのに使ったバターとデミグラスソースがロコモコをとてもヘビーでアンバランスなものにしてしまいました。そのヘビーさとバランスを取るために、マック・サラダ(マカロニ・サラダ)が添えられていればよかったんですが。このヘビーさにはタバスコでも太刀打ちできず、単に問題を更に追加してしまいました。 評決 また銀座までわざわざ食べに行くか? いいえ。このレストランに行った時に、またロコモコを注文するか? たぶん、いいえ。とてもよくできていますが、もしエッグスンシングスがマック・サラダをどう作るか考えついたら、それはきっととってもいいロコモコになるでしょう。料理は1100円以上しますが、コーヒーなどともとてもマッチするレストランの雰囲気を楽しむためだと考えられます。マック・サラダが付くまでは、このレストランが有名になった オムレツやパンケーキなどを注文することにします。 僕のエッグスンシングスのロコモコの評価: 良い点 1. 卵が2つ 2. ちょうどいい量 悪い点 1. 卵を焼くのにバターがたくさん使われている 2. 卵を焼くのに型を使っていて、調味料が使われていない――かわいすぎる 3. パテが100%ビーフではなく、焼き色がついていなかった 4. マック・サラダが付いていない 総評 サービス: 盛り付け: 味: 値段: 住所: 東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ4階(銀座店)  03-6264-4949 www.eggsnthingsjapan.comハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る