logo_thelocomoco今月発見したロコモコは、MUU MUU DINER 100% KONA COFFEE 御茶ノ水店。日本に6店舗チェーン展開しているうちの1店舗で、自社ブランドのハワイアンコーヒー(100%コナコーヒーも)販売しています。僕のリサーチアシスタントがネットでこの場所を見つけ、オンライン上でハワイを最高にブランド化し、カルーアピッグ、ガーリックシュリンプ、スパム・フライドライスなど、ハワイの定番メニューも数多いことから、このレストンを選びました。ここのメニューは、以前あったハワイアンレストランのヘビー級「ロコズ・テーブル マハナ」を思い出させます。ビーチサイドの小屋で木製のトロピカルな器に盛られたハワイアン料理——そういう雰囲気です。さて、ここで僕が見つけたものは・・・。

Muu Muu Diner 御茶ノ水店雨の中、平日のランチを食べに僕が到着するとすぐに、ホールスタッフ(マネージャーかな?)が挨拶をして温かく迎え入れてくれました。「アロハ!」という最初の印象。待つことなくすぐに席に通されました。いいですね! 木製の装飾にハワイアンのアクセントや懐かしい雰囲気の写真がそこかしこに飾られていて、温かく迎えてくれる感じを創り出しています。食事をするホールは広く、ソファー席と通常のイス席と合わせて50〜60席程度あるようです。最初に僕が心配したのは、スタッフがキッチンに1名、ホールに1名の2人しか見えなかったことです。忙しくなると、2人だけだときっと見苦しいことになるだろうな、と思いました。でもランチのサービスの間中、このウェイターは自分の仕事をちゃんとこなし、すべてのテーブルをとても上手くさばいていました。彼は自分の仕事を理解し、最後まで自分の責任を果たしていることは、大きな称賛に値します。

そしてスタッフ2名だけでホールをほぼカバーする——僕は、食事を出すキッチンの窓から料理人が見える厨房に注意を向けました。料理人1人でどうやってランチタイムをこなしているんだろう、と僕は思いました。自分のロコモコを注文した後、その謎が解けました。すべてがあらかじめ作られていて、温められたものだったのです。Oh no…。

Muu Muu Diner 御茶ノ水店いよいよロコモコ。他の多くのレストランがそうであるように、ムウムウダイナーも様々な種類のロコモコのソースがメニューにありますが、もちろん、僕はスタンダードのグレイビーソースを選びました。ほとんどがあらかじめ作られたものでしたが、卵は焼き立てで、美しい仕上がりです。サイドのマカロニも目に心地よい。そして実際、サラダドレッシングがかかっていることを除けば、味も良かったです。そして面白いことに、ランチセットとして、もう一つマカロニサラダのようなものが出されました。残り物?!? そしてロコモコのソースは、残念なことにさらっとしたデミグラスタイプで、その味は、アメリカのChef Boyardeeのスパゲティソースを思い出させました。あまり洗練されていない味で、温めたミートローフや日本のハンバーグのような味の、あらかじめ作られたパテにかけてある。この味の全体像は、コンビニエンスストアで販売されているものに結び付けられます。日本に長く住んでいると、こういう日本のハンバーグに合わせて直された味の多くのロコモコに慣れてきました。食べられるけれども残念なロコモコでした。

Muu Muu Diner 御茶ノ水店このリビューの最後にコメントを付け加えるならば、ランチを食べている間、あまり衛生的でないコンディションの影響が僕のテーブルに発生しました。ここでは具体的な問題については言及しませんが、その瞬間、しばらくはMuu Muu Dinerにまた来ない、と決めました。

良い点

  1. 素晴らしいホールスタッフの見事なサービスとホスピタリティー
  2. 卵は完璧な状態に調理されていた
  3. 温かみのある店内装飾

悪い点

  1. 上の3点を除くすべて
  2. ランチタイムに喫煙できること

総評

サービス: 4eggs
盛り付け: 3eggs
味: 2eggs
値段: 2eggs

住所: 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-14-3 イルサ1階
phone icon 03-3518-6787  url icon http://r.gnavi.co.jp/g773500/

MUU MUU DINER 100% KONA COFFEE 御茶ノ水店https://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2015/12/muumuudiner02.jpghttps://www.holoholo.world/kawaraban/wp-content/uploads/2015/12/muumuudiner02-150x150.jpgザ・ロコモコザ・ロコモコFOOD,ハワイ料理,ロコモコ,東京今月発見したロコモコは、MUU MUU DINER 100% KONA COFFEE 御茶ノ水店。日本に6店舗チェーン展開しているうちの1店舗で、自社ブランドのハワイアンコーヒー(100%コナコーヒーも)販売しています。僕のリサーチアシスタントがネットでこの場所を見つけ、オンライン上でハワイを最高にブランド化し、カルーアピッグ、ガーリックシュリンプ、スパム・フライドライスなど、ハワイの定番メニューも数多いことから、このレストンを選びました。ここのメニューは、以前あったハワイアンレストランのヘビー級「ロコズ・テーブル マハナ」を思い出させます。ビーチサイドの小屋で木製のトロピカルな器に盛られたハワイアン料理——そういう雰囲気です。さて、ここで僕が見つけたものは・・・。 雨の中、平日のランチを食べに僕が到着するとすぐに、ホールスタッフ(マネージャーかな?)が挨拶をして温かく迎え入れてくれました。「アロハ!」という最初の印象。待つことなくすぐに席に通されました。いいですね! 木製の装飾にハワイアンのアクセントや懐かしい雰囲気の写真がそこかしこに飾られていて、温かく迎えてくれる感じを創り出しています。食事をするホールは広く、ソファー席と通常のイス席と合わせて50〜60席程度あるようです。最初に僕が心配したのは、スタッフがキッチンに1名、ホールに1名の2人しか見えなかったことです。忙しくなると、2人だけだときっと見苦しいことになるだろうな、と思いました。でもランチのサービスの間中、このウェイターは自分の仕事をちゃんとこなし、すべてのテーブルをとても上手くさばいていました。彼は自分の仕事を理解し、最後まで自分の責任を果たしていることは、大きな称賛に値します。 そしてスタッフ2名だけでホールをほぼカバーする——僕は、食事を出すキッチンの窓から料理人が見える厨房に注意を向けました。料理人1人でどうやってランチタイムをこなしているんだろう、と僕は思いました。自分のロコモコを注文した後、その謎が解けました。すべてがあらかじめ作られていて、温められたものだったのです。Oh no…。 いよいよロコモコ。他の多くのレストランがそうであるように、ムウムウダイナーも様々な種類のロコモコのソースがメニューにありますが、もちろん、僕はスタンダードのグレイビーソースを選びました。ほとんどがあらかじめ作られたものでしたが、卵は焼き立てで、美しい仕上がりです。サイドのマカロニも目に心地よい。そして実際、サラダドレッシングがかかっていることを除けば、味も良かったです。そして面白いことに、ランチセットとして、もう一つマカロニサラダのようなものが出されました。残り物?!? そしてロコモコのソースは、残念なことにさらっとしたデミグラスタイプで、その味は、アメリカのChef Boyardeeのスパゲティソースを思い出させました。あまり洗練されていない味で、温めたミートローフや日本のハンバーグのような味の、あらかじめ作られたパテにかけてある。この味の全体像は、コンビニエンスストアで販売されているものに結び付けられます。日本に長く住んでいると、こういう日本のハンバーグに合わせて直された味の多くのロコモコに慣れてきました。食べられるけれども残念なロコモコでした。 このリビューの最後にコメントを付け加えるならば、ランチを食べている間、あまり衛生的でないコンディションの影響が僕のテーブルに発生しました。ここでは具体的な問題については言及しませんが、その瞬間、しばらくはMuu Muu Dinerにまた来ない、と決めました。 良い点 素晴らしいホールスタッフの見事なサービスとホスピタリティー 卵は完璧な状態に調理されていた 温かみのある店内装飾 悪い点 上の3点を除くすべて ランチタイムに喫煙できること 総評 サービス: 盛り付け: 味: 値段: 住所: 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-14-3 イルサ1階  03-3518-6787   http://r.gnavi.co.jp/g773500/ハワイの自然・文化・歴史、ライフスタイルを語る